マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2013年01月06日

神様こそ

■S:今日の聖書の言葉
  第一サムエル記8章20節(同7章)

★  よその国々と同じになりたいのです。

■O:今日のコラム

イスラエルに王がなかった時代にイスラエルは、他の国々のように王が欲しいとサムエルに願いました。

サムエルが、王をたてるということは徴兵制をしくこと、税制が始まること、一種の独裁政治の開始が始まることであることを警告しても(8章11-18節)、なおイスラエルはとにかく王が欲しいと言いました。

この後、イスラエルは自分たちがあれほど願った王のゆえに大変な道を通るイスラエルにサムエルは、「実は、神様こそすでにあなたがたの王であったのに。(12章12節)」と語ります。

サムエル記を読んで、イスラエルがサムエルに王が欲しいと願ったとき、神様はどんな気持ちだったのだろうと思うと切なくなりました。

同じように、私たちが欲しいと願うもの、家族や友達、喜びや夢、楽しみや暖かさ、それらを他の何かを見て欲しいと願うとき、神様は私たちに「私こそがあなたが願っているもの、家族であり、友であり、喜びなんだよ。」と語りかけてくださっているような気がしました。

■A:考えてみよう

「5回なぜを繰り返せば本質がわかる」と良く言われます。

前に聞いた例に、車が欲しい人にどうして車が欲しいかを5回繰り返したところ、結局は愛されたい、認められたい、必要とされたいという願いが結局の願いであったということを聞きました。

私もいろんなものを願ってしまいます。欲しいもの、必要なものを挙げたらきっと切りがありません。しかし、結局欲しいのは神様だけなんだということを今日の箇所から改めて教えられました。

「わたしの顔を慕い求めよ。(詩篇27章8節)」

主もわたしたちが主を求めることを喜び、待ち望んでおられることを感謝します。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 れな  】 Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一サムエル記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。