マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2011年09月19日

みことばを調べる

■S:今日の聖書の言葉
  ネヘミヤ記8章13節(ネヘミヤ記7章)
★  二日目に、すべての民の一族のかしらたちと、祭司たち、レビ人たちは、律法のことばをよく調べるために、学者エズラのところに集まって来た。

■O:今日のコラム

 この記事を読んでいる方々は、みことばを日々、学んでいる方々であるはずです。
  みことばを学ぶ事に関して様々な意見や神学、方法論などがあります。どれもある点に関しては一理あるものばかりです。ある意見は、「聖書以外の本からは何も学ぶ点はない」とまで言い切り、また「注解書などは開く価値すらない」、という意見まであります。

  私の記憶しているところでは、ある記事でジャック・ヘイフォード先生が、こう書いていました。「私たちは、注解書を開いてみことばに関して調べることによっても神をあがめている」と。
 
  聖書は、なんと言っているでしょうか。
  リーダーたちはエズラのところに集まってみことばを調べたのです。

  私たちがみことばに関して調べることは、決して礼拝の中心ではありませんが、ときに必要なこと、立派に霊的な行為なのです。さげすまれたり、否定されるべきことではありません。特にリーダーにとって、このようにして学ぶという姿勢は、欠かすことの出来ないものです。彼らのかしら(リーダー)たちは、学者のもとにみことばを調べに行ったのです。
 
■A:考えてみよう
  よく分からないみことばに対して、注解書などで調べるという習慣を身につけよう。
  また、人の解釈は、十分に吟味されるべきものであることを覚えてうえで、御霊なる方にその理解を助けていただきましょう。ときには、納得のいかない注解もあって当たり前です。




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ネヘミヤ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シャローム
御名をたたえハレルヤ!
毎日、朝の祈りにあわせて開いております。
皆様のコメントも含め、主の御心にかなった働きが私の一日にも祝福がおすそ分けいただけることを感謝しております。

ここ、二日間更新が途絶えておりますが、何か更新を妨げる試練に遭っておられるのかと、主の盾の祈りに加えます。
サタンはいかなる私達の霊的成長を妬み妨げます。
主の盾を持って、毎日聖なる剣(御言葉)を取られる皆様に主の祝福が満ち、より主の栄光を受けられますように、ハレルヤ。
Posted by 毎日読者 at 2011年09月21日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225751200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。