マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2012年02月21日

恵みを知るために必要なこと

■S:今日の聖書の言葉
  ヨブ記28章12、28節、マタイによる福音書26章39節

★  12節  しかし知恵はどこに見いだされるか。悟りのある所はどこか。
★  28節  そして人に言われた。『見よ、主を恐れることは知恵である、悪を離れることは悟りである』と」。

★  マタイ39節  そして少し進んで行き、うつぶしになり、祈って言われた。「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい」。
(口語訳)

■O:今日のコラム
 
  2月21日の朝です。今日も神様の救いを、恵みを受け取っていきましょう。神様は僕らに祝福を与えたいと願っているからです。

  神様を恐れることは、「あぁ、神様怖いぃ〜、叱られるぅ、だからしっかりやろう」ということではありません。

  神様に進むべき道を求め、自分の力で歩むことをやめることです。神様が共に歩んでくださらないことを恐れることです。信じられないほどの神様の祝福を、受け取るべきでないこんなに小さな者が、神様の祝福を受け取れることを感謝して受け取ることです。

  神様の偉大さを、自分のすべてで感じることです。

  イエス様は、どんな時でも天のお父さんの御心を求めていました。
  自分の願い以上にお父さんの願いに従えるように祈っていました。

  イエス様は天のお父さん無しの歩みを恐れていました。マタイのこの箇所で、イエス様が人間的な考えだけで行動したならば、十字架の完全な救いはありませんでした。復活の完全な勝利はありませんでした。天のお父さんと歩む時に知恵が与えられます。

  知恵は、恵みを知ることです。知っている恵みを感謝することです。神様と共に歩めるはずがなかった者が、共に歩めるありえない祝福を受け取っていくことです。イエス様と共に歩むことです。

  イエス様は、僕らがどれだけゆっくり歩む時でも共に歩み、歩けない時には抱えて歩んでくださいます。神様にすべてをゆだね、恵みを受け取っていきましょう。
 
■A:考えてみよう

  箴言8章も読めたら読んでみましょう。
  神様から与えられた恵みを書き出してみましょう。神様を求めて賛美していきましょう。




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ひろみち 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マタイの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。