マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2013年01月21日

みもとに来るなら癒してくださる主

■S:今日の聖書の言葉
  マタイによる福音書4章24節(詩篇125篇)

★  イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで、人々は、さまざまの病気と痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかん持ちや、中風の者などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをお直しになった。  

■O:今日のコラム

イエス様が人々を癒すといううわさが広まりました。イエス様は彼らを癒してくださいました。ここに大事なポイントがあります。

それは、「みもとに連れて来た」者をみな癒されたということです。

『夕方になると、人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって霊どもを追い出し、また病気の人々をみなお直しになった。』(マタイ8章16節)

『イエスはこのことを聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所に行かれた。すると、群衆がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。イエスは舟から上がられると、多くの群衆を見られ、彼らを深くあわれんで、彼らの病気を直された。』(マタイ14章13−14節)

『すると、大ぜいの人の群れが、足なえ、不具者、盲人、おしの人、そのほかたくさんの人をみもとに連れて来た。そして、彼らをイエスの足もとに置いたので、イエスは彼らをおいやしになった。』(マタイ15章30節)

イエス様のもとに来るならば、必ず癒されるのです。また、イエス様のもとに連れてくるならば、どんな人でも、どんな状態の人でも、癒されるのです。

癒しとは、回復を意味します。その回復は、私達の生まれつきのものへの回復ではなく、主が元々与えてくださっているところへの回復であり、勝利です。

それは身体だけではありません。経済の回復であり、人間関係の回復であり、喜びの回復です。

イエス様のもとに来るなら、また、人を連れてくるなら、必ず回復があるのです。

■A:考えてみよう

人々をイエス様のもとに連れて行く、自分自身、イエス様のあとを追うとは、どう言う意味だろう? 祈りに、職場で、家庭で、どうすることだろう? 考えてみよう!

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ  】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マタイの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。