マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2012年01月26日

Blessed Be Your Name Of The Lord

■S:今日の聖書の言葉
 ヨブ記1章21節(ヨブ記2章)  

★「私は何も持たずに、この世に生まれてきた。死ぬ時も、何も持たない。
 主が与え、主が取り去られるのだ。主こそほめたたえられるべきお方。」(現代訳)

■O:今日のコラム

  礼拝の中でよく歌われる賛美で、「主の御名あがめます」というのを知っていますか?

  主をほめます 繁栄が流れ 栄えるときにも あがめます
  主をほめます 人生の荒野 通るときでさえ あがめます

  恵みに応えて たたえる 暗闇のときも 変わらず

  主の御名あがめます その御名を
  主の御名あがめます 栄光捧げます

  主をほめます 成功するときも 平穏なときも あがめます
  主をほめます 苦しみと痛み 味わうときでさえ あがめます

  恵みに応えて たたえる 暗闇のときも 変わらず

  主の御名あがめます その御名を
  主の御名あがめます 栄光捧げます

  主は与えて 主は取られる ほむべきかな 主の御名は

  主の御名あがめます その御名を
  主の御名あがめます 栄光捧げます

  この賛美は、今日の聖書の箇所、ヨブ記から作られたものです。
  ヨブは裕福で、信仰が厚く、本当に非の打ち所のない人でした。

  そんな彼を見て、悪魔は神様に「ヨブから持ち物を奪い取ってみろ。健康を奪い取ってみろ。そうしたら、神を賛美しなくなるから。」と行って、ヨブに試練を与えます。
  しかし、ヨブは自分がどんな悲惨な状況になろうとも、決して神様につぶやくことをしませんでした。

  そんな完璧に見えるヨブにも、弱さがありました。それはこれからヨブ記を読み進めていく中で、いろいろ学ばされると思います。
  しかし、今日のヨブの信仰告白から学べることはたくさんあります。

  私たちの命も、神の許しがあるからこそ、今、この場所、この時間に生かされています。
  どんなに頑張っても、この世で得た富や名声は、天国に持っていくことはできません。

  あらゆる試練を通して、また、喜びを通して、神様と共に過ごした時間の中で得たものを天国に持っていくことができます。
 
■A:考えてみよう

  今、あなたはどのような状況に置かれていますか?
  とても幸せですか?それとも、困難の中にありますか?

  たとえ、あなたがどのような状況にあろうとも、神様からの愛は決して変わることがありません。
  状況によらず、環境によらず、どんな時でも神様を慕い求めて行きましょう。

  私たちが神様に近づくとき、神様の方から私たちの方に近づいてきて下さいます。
  大胆に神様を求めて行きましょう!




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しゅん 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創世記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

「神さまの大きな手」

■S:今日の聖書の言葉
  創世記50章20節(49章)

★ 「悪意から出たことでも、神様はちゃんと良いことに役立てられるんです。私のような者が今日あるのもみな、神様の深いお考えがあってのことだったのです。たくさんの人のいのちを救うためなんです。」(リビングバイブル訳)

■O:今日のコラム
 
  ヨセフを奴隷として売った兄たちは、父イスラエルの死後、エジプトのトップツーになった弟に仕返しされるのではないかと怖くなり、手紙を送り、ヨセフを訪ねます。ヨセフの回答は、今日のみことばでした。

  ヨセフは、兄たちの悪意から出たことさえも、神さまがご自身のご計画のために用いられ、たくさんの命を救うために役立てられたことを、確信していたので、兄たちを赦し、過去を水に流すことができたのでした。

  私たち一人ひとりも、神さまの大きな御手、ご計画の中にあります。
  自分を「主よ、用いてください!御国のため、御心のために!!」と差し出しましょう!

  神さまは、ヨセフのように、私たちを試練の中を通されます。(これも恵みです!)
  そして、銀を精錬し磨くように、私たちをも磨かれます。造り主の影が映しだされるまで!!

  神さまの御手を拒まないでください!! それは、イエス様の御手、愛の手だからです。
  また、私たちに起こる様々な困難なことのために、主への信頼を無くさないでください! どんなことをも益に変えることができる天のパパです!

  そして、遂に私たちは、主の御こころを行うために、役に立つ者になり、ヨセフがそうだったように、「たくさんの人のいのちを救うため」に用いられます!ハレルヤ!
 
■A:考えてみよう
  
  今体験している困難なことがあるならば、その為に主を崇めましょう!
  また、自分の思いを神さまの思いへとすりあわせていきましょう! 




■P:祈り
  今日も主を愛して歩めますように!
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 れいこ 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創世記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

救ってくださった方の

■S:今日の聖書の言葉
  創世記47章25節(創世記48章)

★  彼らは言った、「あなたはわれわれの命をお救いくださった。どうかわが主の前に恵みを得させてください。われわれはパロの奴隷になりましょう。」

■O:今日のコラム

  1月24日の朝です。今日一日が主の恵みを受け取る日になりますように。主が僕らを救ってくださるからです。

  エジプトに7年の豊作の後、7年のききんが訪れました。
  ヨセフさんが王様の幻を解き明かしていたので、多くの蓄えを持ち、国民だけではなく、近郊の国々も救われました。
  エジプトの人々は、この救いを受け取り、今日の言葉を言いました。

1.「あなたが」救いを与えてくださったと告白しました。
  僕らも救い主の名前を告白しましょう。イエス様の十字架と復活による救いを宣言していきましょう。

2.「主の前に恵みを得させてください。」
  救い主の恵みを受け取る告白です。救いを受け取る宣言です。受け取るべきでない者が受け取れるありえない祝福が恵みです。
  イエス様の恵みを僕らは受け取りましょう。

3.「われわれは奴隷になりましょう。」
  救いを与えてくださった方の奴隷になるという告白です。

  奴隷とは「あることに心を奪われ、他をかえりみない人」という意味もがあります。
  僕らを満たすことができるのは、お金でも名声でもモノでもなく、ただイエス様だけです。

  イエス様のもとにすべてがあります。僕は主イエス・キリスト様の奴隷になりたいです。

  僕らを救ってくださったイエス様を知っていきましょう。イエス様の恵みを受け取っていきましょう。
  僕らを救ってくださったイエス様の奴隷となっていきましょう。今日一日が祝福で満ち溢れますように!
  
■A:考えてみよう

  誰があなたを救ってくれますか? あなたはイエス様の恵みを受け取りますか?
  あなたは救ってくださったイエス様に心を奪われ、他をかえりみない人になれますか?




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ひろみち  】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創世記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。