マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2011年10月18日

自分がすること

■S:今日の聖書の言葉
  オバデヤ書15節(ヨハネの手紙第一5章)

★  主の日はすべての国々の上に近づいている。あなたがしたように、あなたにもされる。あなたの報いは、あなたの頭上に返る。

■O:今日のコラム

  良い10月18日の朝ですか? 今日も神様を求め、神様の愛を受け取り、神様の祝福を流し出していきましょう。主の日が近づいているからです。

  主がこの地に帰ってこられる時は、すべての国々の上にこられます。アメリカにもヨーロッパにもアフリカにもオセアニアにもアジアにも日本にもこられます。すべての国々の上にです。僕らは準備する必要があります。ずっとやっていくべきことがあります。それは、互いに愛し合うことです。

 「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたのです。生んでくださった方を愛する者はだれでも、その方によって生まれた者をも愛します。」(ヨハネの手紙 第一5章1節)

  神様はこの世界全体を創造されました。すべての人は神様の計画によって誕生しました。そして、イエス様が救い主であると信じる者は、神様の子供としての権威を回復していきます。だから、僕らは神様の子供として互いに愛し合うのです。神様の愛を受け取り、神様を愛しているからです。

  僕らがすることは、自分に返ってきます。相手を否定していくなら、自分も否定されます。しかし、自分が相手を愛するならば、自分も愛されます。聖書が「互いに」と言うとき、「あなたから相手に」という意味があります。積極的です。愛は積極的なものです。

  主の日が近づいています。僕らは、積極的に神様を愛し、自分を愛し、相手を愛していきましょう。神様の愛を受け取っていきましょう。
 
■A:考えてみよう
  神様の愛を受け取るならば、あなたには何ができますか?




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ひろみち 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバデヤ書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。