マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2011年12月05日

主こそ我が盾

■S:今日の聖書の言葉
  ナホム書3章16節(ペテロの手紙 第ニ 3章)

★  あなたの商人を天の星より多くしても、ばったがこれを襲って飛び去る。  

■O:今日のコラム

  商人を多くするとは、商業を盛んにする、つまり都市を繁栄させることです。
  しかし、主はそんなものは、主が一声、「ばったよ。この都市を襲え。」と言えば、一瞬でダメになってしまうのだ、と大都市二ネベに宣告しています。
 
  私たちは、主の恵みによって、多くの物を与えられています。それは、とても感謝なことです。
  しかし、物や権力・社会的ステータスなどに安心する心は、とても危険です。それらは、主にあって使い道を任されただけであって、心の支えとするべき物ではありません。

  ただ主こそ、我らを守る盾であり、我らの寄り頼むものであるのが真実です。
  物や権力・社会的ステータスなどは、最終的には、私たちの物ではないことがあきらかにされる時が、必ずやってきます。この肉体の命さえもそうです。

  だから、常に偽りの考え方ではなく、真実の考え方でありたいと思います。
  自分の与えられている一切のものを握りしめることなく、手のひらに乗せて主の前に差し出して歩んでいきたいと願います。主は与えて、主はとられるのです。

  そのように執着心を手放すことで逆に得られるものがあります。それは感謝の心です。
  自分の物ではないのに、自分の手元に託されているのですから、全てを恵みとして受けとれるのです。

■A:考えてみよう
  祈りの中で、一切を握りしめず、手のひらに乗せて、主に差し出そう!




■P:祈り
  主よ。一切の物を手のひらに乗せてあなたの御前に差し出します。わたしに与えられている全ての物は、あなたから託されている恵みであることを覚えて感謝します。
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナホム書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

He knows my name

■S:今日の聖書の言葉
  ナホム書1章7節 (ぺテロの手紙 第二 1章) 

★  主はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。主に身を避ける者たちを主は知っておられる。

■O:今日のコラム
 今年も残すところ最後の月となりました。私たちの教会の今年の年間テーマは 「For one Life」 でしたね。
  しんご先生とぺい君が年始めにコントをやってくれましたが、あれから一年がたとうとしています。一人の人のたましいを尊び、祝福し、仕え、赦し、愛する。皆さんはいかがでしたでしょうか。
  
  私は、一年前に地域の母親学級で出会ったお母さんと、この一年を通して関係を築くことが出来ました。お家に招いたり、様々な所に出かけました。一度だけでしたが、教会に一緒に行くことも出来ました。

  その彼女とつい先日も会ったのですが、その日彼女の表情は疲れているようでした。聞けば、だんなさんが海外に出張中なので、連日、朝から晩までずっと一人で育児をしているとのこと。今日、どんなことがあったとか、これが嬉しかったとか、大変だったとか、話す相手がいないと、ホント辛い。気持ちを受けとめてもらえないとフラストレーションがどんどんたまって、育児にも悪影響が・・・と話してくれました。
 
  彼女の気持ちを知って、本当に大変なんだなと思いました。私には、教会という最高のコミュニティーの場所がある。
  また、たとえ一人の時にも、神様が私のことを知っておられ、私のすべての行いも見て下さっている。

  「神様が私を知っている」、それだけで、どんな大変なことがあっても乗り越えることができる。
  今度彼女に会ったときには、「あなたのことを知っておられる方がいるんだよ」って、勇気を持って伝えたいです。
 
  最後に、「He knows my name」 という賛美の日本語訳を紹介します。
 
  『私には、造られた方がいる  その方は、私の心を形づくられた / 時が始まる前から  私の人生は、その方の御手の中にあった / 彼は私の名を知っている  彼は私のどの思いも知っている / 彼は目から落ちる一つ一つの涙を見てくださる  私が呼ぶ時には、聞いてくださる
 
  私には父がいる  彼は、ご自分のものたちを呼ぶ / 彼は決して私を見捨てない  たとえ私がどこへ行っても / 彼は私の名を知っている  彼は私のどの思いも知っている / 彼は目から落ちる一つ一つの涙を見てくださる  私が呼ぶ時には、聞いてくださる』
 
  どうか、このクリスマスシーズン、一人でも多くの人が、この父の愛を知ることができますように。
 
■A:考えてみよう
  あなたの「For one Life」は誰ですか? 自分なりのスタイルでその人を祝福しよう!




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ひさえ 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナホム書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。