マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2011年12月11日

待て!!

■S:今日の聖書の言葉
  ゼパニア書3章8節(ヨハネの黙示録6章)  

★  それゆえ、わたしを待て。−主の御告げ―わたしが証人として立つ日を待て。

■O:今日のコラム

 おはようございます! 突然ですが、みなさんは今、神様とどんな状況にいますか? 神様が道をバンバンと開いてくれて、なんかスゴク近く感じていますか? それとも、祈りが全然聞かれていなくて、神様、どこにいるのって感じていますか? 
  どんな状況にいても、主は変わらず良いお方であることを一緒に信じましょう!!
 
  そして、今日の御言葉。神様は「待て!!」って言ってますね。
 
  待つことって本当に難しいですよね。特に、祈りの聞かれない時期。神様が遠〜〜〜〜〜〜くに感じますよね。けど、その時期にこそ、主は、言われるんですよ。「わたしを待て」って。
 
  私は、今、確実にその時期にはまっていると感じています。そして、挫折しやすいんです。祈りがあまり聞かれなく感じ、前の道が全然開いてなくて、出口のない真っ暗なトンネルを通っている感じで…なんか、神様から忘れられてるんじゃないかって思ったり、愛されてないんじゃないかって思ったり。そして、主に言うんです。「なんで、こんなに待たせるの〜〜〜(号泣)」って…(笑)
 
  けど、主はこの「待つ」という時間を尊いものとして見ておられると信じます。なぜなら、この待つ中に信頼関係と愛が深まっていくからです。「待つ」という行動は、相手を信頼することから出てくるものであると思います。そして、「待つ」ことは愛の行動でもあると思います。
 
  主はこう言っておられると思います。「わたしを待て。わたしは必ずあなたに答える。必ず最高のタイミングで道を開く。だから、わたしを待って信頼してくれ!」
 
  だから、私達も答えていきませんか?
 「主よ、あなたを待ちます。あなたのタイミングを待ちます。つらいけど、喜んで忠実に今いる場所であなたを待ちます。あなたを信頼します。あなたを愛します。聖霊様、助けてください!忍耐をください!」
 
  そして、主はこう答えてくれるでしょう。
 「愛する子よ。わたしを信じて待っててくれてありがとう。」
 
■A:考えてみよう
  主と時間を持ち、主に自分の気持ちと愛を捧げていこう! 




■P:祈り
  主よ、あなたを忠実に待ち、その間、あなたをもっと愛することができるように助けてください。
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 かよ 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゼパニヤ書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

神様の歌声

■S:今日の聖書の言葉
ゼパニヤ書 3章17,18節(黙示録6章)
「神様が、あなたのうちに住むために来られた。神様は力ある救い主で、あなたに勝利をお与えになる。あなたのことをことのほか喜び、非常に満足なさる。あなたを愛して、責めるようなことはなさらない。」ほら、聞こえてくるのは喜びにあふれた聖歌隊の歌声であろうか。いや、あれは神様が、あなたがたのことで、喜びいっぱいに歌っておられる声だ。(リビングバイブル訳)

■O:今日のコラム
 もうすぐクリスマスですね。私たちにとってクリスマスは、救い主がこの地に来られたことを祝う、という喜ばしい意味をもっています。賛美やダンス、劇や食事などで、特別に救い主の降誕を祝います。私たちの喜びの声がいかに、この世に響くか、いかに天にまで届くか、ということに関心が向きますが、この箇所には、なんと、神様御自身が「あなたがたのことで、喜びいっぱいに歌っておられる」とあります!あなたが主と出会い、クリスマスを祝い始める前から、神様はあなたのことを知っておられ、また、あなたが賛美を捧げる前から、主はあなたのことを喜び歌っていて下さいました。私たち一人ひとりの存在を神様は愛しておられます。上記の御言葉の「あなた」を是非「私」に置き換えて読み返してみて下さい。これからクリスマスを祝う時、主がまず私たちのことを何よりも喜んで下さっていることを思い出しましょう。

■A:考えてみよう
神様が私たちを見るその眼差しは、責める目ではなく、愛に満ちた目です。自分の存在を喜び歌っている神様の姿を思い浮かべてみよう!




■P:祈り
イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【みちる】


もっと詳しく聖書の事を知りたい方はこちらまで。
→ 新宿シャローム教会


デボーションには欠かせない聖書をポケットサイズで。


Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゼパニヤ書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。