マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2013年01月21日

みもとに来るなら癒してくださる主

■S:今日の聖書の言葉
  マタイによる福音書4章24節(詩篇125篇)

★  イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで、人々は、さまざまの病気と痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかん持ちや、中風の者などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをお直しになった。  

■O:今日のコラム

イエス様が人々を癒すといううわさが広まりました。イエス様は彼らを癒してくださいました。ここに大事なポイントがあります。

それは、「みもとに連れて来た」者をみな癒されたということです。

『夕方になると、人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって霊どもを追い出し、また病気の人々をみなお直しになった。』(マタイ8章16節)

『イエスはこのことを聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所に行かれた。すると、群衆がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。イエスは舟から上がられると、多くの群衆を見られ、彼らを深くあわれんで、彼らの病気を直された。』(マタイ14章13−14節)

『すると、大ぜいの人の群れが、足なえ、不具者、盲人、おしの人、そのほかたくさんの人をみもとに連れて来た。そして、彼らをイエスの足もとに置いたので、イエスは彼らをおいやしになった。』(マタイ15章30節)

イエス様のもとに来るならば、必ず癒されるのです。また、イエス様のもとに連れてくるならば、どんな人でも、どんな状態の人でも、癒されるのです。

癒しとは、回復を意味します。その回復は、私達の生まれつきのものへの回復ではなく、主が元々与えてくださっているところへの回復であり、勝利です。

それは身体だけではありません。経済の回復であり、人間関係の回復であり、喜びの回復です。

イエス様のもとに来るなら、また、人を連れてくるなら、必ず回復があるのです。

■A:考えてみよう

人々をイエス様のもとに連れて行く、自分自身、イエス様のあとを追うとは、どう言う意味だろう? 祈りに、職場で、家庭で、どうすることだろう? 考えてみよう!

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ  】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マタイの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

『目覚めた十弦の琴と立琴!!』

■S:今日の聖書の言葉
  マタイの福音書1章22節、詩篇108篇2節

★  マタ1:22  この全ての出来事は、主が預言者をとおして言われた事が成就するためであった。

★  詩108:2  十弦の琴よ、立琴よ。目を覚ませ。わたしは暁をよびさましたい。

■O:今日のコラム

マタイの福音書はユダヤ人向けに書かれた書簡で「王」としてのイエス様を表現していて、黙示録4章7節にでてくる4つの生き物の中で獅子といわれています。

そしてユダヤ人にわかりやすいように、殆どの章で、旧約聖書のこの箇所にかいてあることが成就しているんですよ・・・とご丁寧に教えてくれています。たとえば、今日の箇所では22節、2章では5節、15節、17節のようにです。

系図の始まりも、ギリシャ人向けに書かれたといわれているルカの福音書の方はアダムまでさかのぼっていますが、こちらはユダヤ人の父であるアブラハムから始まっています。

ルカの福音書にある系図は母方、マリヤのほうの系図で、マタイのほうはヨセフ・義の家系の系図といわれています。

系図は最初は、何がなんだかわからなかったりしますが、旧約聖書を読み込んでいくうちに不思議なつながりが見えてきてとても面白かったりするのです。

たとえば、ヤコブ(イスラエル)の12部族が分かれ出た12人の子供たちのうち、義の家系を受け継いだのは、ヨセフかと思いきや、そうでなく、ユダだったり、(しかも長男ではなく、4男なのですが、ユダの名前の意味が「主をほめたたえよう!」なんですよね)

他にも系図にしては珍しく女性の名前が4人も出てくるのですが、これがみな、またワケあり女性(笑)だったり・・・

ラハブはノアの預言的のろいによって呪われたカナンの子孫で遊女だったり、ルツもルツ記にあるようにモアブ人でしたが、イエス様はこのような異邦人の先祖をも通して誕生してくださったことで、救いはユダヤ人のみならず、最初から異邦人へも、つまり全ての人々へ用意されていたということがわかります。

そしてイエス様(メシヤ)誕生の預言はなんと聖書に100箇所以上も書かれているのです。

系図にユダが出てくるのも、創世記49章10節で「王権はユダを離れず、統治者の杖はその足の間を離れることはない」と書かれているからであり、これはメシヤがこのユダ族からでますよ・・・ということなんですよね。

先日奇跡的に急遽、シャロームの第4礼拝で、できたてホヤホヤの『第三神殿』という映画の試写会をしていただけたのですが、そのドキュメンタリーの冒頭で、ダビデが使っていた十弦の琴、立琴が目を覚ましていた事実に驚きました。

第三神殿が建てられる準備はすでに整っていてなんと、その中で使われる食器や、金の燭台や、エポデ、神殿の幕、立琴、などが2000年以上の時を経て、再び復活すべくすでに作られている様子が描かれていたのです。

ダビデが言っている「暁を呼びさます」とは、その背景に「夜」があります。霊的な意味での「夜」まさに今の時代と重なります。

マタイの箇所では「暁なる」イエス様が誕生してくださいました。

今私たちは、更なる暁「イエス様の再臨」を待ち望み宣言していきましょう!「私も暁を呼びさましたい!」

■A:考えてみよう

アブラハムからまさに42代の系図を通してイエス様は神様の計画通りに誕生してくださいました。
その目的は・・・? 何のため? 誰のため?

■P:祈り

神よ。あなたが天であがめられ、あなたの栄光が全世界であがめられますように。
暗闇を消し去る暁よ 来てください!

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 あすか  】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マタイの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

疑いを捨てるには

■S:今日の聖書の言葉
  マタイの福音書28章18節(ヨブ記30章)

★  そして、彼らはイエスにお会いして、礼拝した。しかしその中には、まだ疑っている者もいた。(現代訳)

■O:今日のコラム

  今日のデボーション箇所は、マタイの福音書の一番最後です。(明日からは新約はピリピですね)
  映画でも、小説でも、たいていは最後が見所で、一番伝えたいメッセージが語られることが多いですよね。

  昨日の箇所で、イエス様は壮絶な十字架の死を味わわれました。イエス様は死んでしまったのです。しかし、それだけでは聖書の話は終わりません。

  イエス様は3日の後、力強く死の淵からよみがえられたのです! ハレルヤ!
  イエス様は死を経験されましたが、今の時代、私たちと共にいて下さり、なおも力強く働かれています!

  この箇所を読むだけで興奮してしまうのは、私だけでしょうか。
  すこし落ち着いて、今日のみことばに目を止めていきたいと思います。

  この少し前を見ると、大地震と共に天使がイエス様の眠っておられた墓のふたを開けました。
  そして、墓の様子を見に来たマグダラのマリアとほかのマリヤに天使たちはイエス様の復活を知らせます。そして、彼女たちが一番に復活されたイエス様ご自身と出会いました。

  ところが、それを見ていた番兵は祭司長たちに一部始終を報告しました。偉い人達が集まって協議した結果、さらに偉い人にバレるとヤバイということで、たくさんのお金を払って兵隊たちに、「イエス様の遺体は、イエス様の弟子たちが夜中に盗み出した。」と、嘘の証言をするように仕向けます。(悪いひとたちですね。)

  しかし、マリヤたちが天使から弟子たちに伝えて欲しいと言われていた「ガリラヤの山で復活されたイエス様と出会う。」というメッセージ通り、弟子たちはガリラヤの山で主を待ち望んでいたところ、主と出会うことができました。

  ところが、弟子たちの中には、復活されたイエス様に実際出会ってるにもかかわらず、疑いを持っている人がいたということです。
  では、その人に対して、イエス様はどのように言われたでしょうか。
 
■A:考えてみよう

  イエス様は、疑いを持った弟子たちに近づいて来られ、「あらゆる国の人々を弟子としなさい。」とチャレンジされたのです。疑いを持った人にとっては、とんちんかんな事に思えたかもしれません。

  しかし、ここには大切なメッセージが隠されているのではないかと思います。
  今まではイエス様の守りの中で様々な奇跡や救いを目の当たりにしてきた弟子たちが、イエス様なしで自ら活動をしていくことになるのです。その中で、聖霊様の助けを受けながら、弟子たちは様々な体験をしていきます。

  何が言いたいかというと、Just Do It ! つまり、イエス様の言われたことを実際の行動に移すことが大切ということです。
  イエス様は、「世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいます。」と約束してくださっています。

  このデボーションガイドを読むだけで満足するのではなく、みなさんも神様と個人的に交わって、神様から直接メッセージを受け取って、それを速やかに行なって行きましょう。その中で神様の数々の助けを経験していきます。それらを通して、疑いはどこかに消えて行き、「神様は確かにおられる!」という強い確信を持つ事ができます。

  「信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」(ヨハネの福音書20章27節)




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しゅん 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マタイの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。