マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2012年12月23日

忠実さという大切な性質

■S:今日の聖書の言葉
  ルカの福音書2章14節(詩篇119篇1-32節)

★  「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」

■O:今日のコラム

ルカの2章において、旧約聖書から絶え間なく約束された救い主イエスがいよいよこの地に誕生しますが、その時、この救い主の誕生に気づいた人々の特徴は主に対する忠実さを持った人々でした。

まず、御使いが第一に主の誕生を知らせたのは羊飼い達でした。この箇所からよく「主は見捨てられた者達に良い知らせを伝えられた。」というメッセージを聞きますが、彼らは見捨てられた羊飼いではなく、忠実な羊飼い達だったのです。

エレミヤ書35章の中でエレミヤに不思議な預言を主が語られました。それは「レカブ人を連れてきて彼らにぶどう酒を飲ませなさい。」という預言でした。

しかし、実際にレカブ人を連れてくると彼らは「私達は先祖からの言い伝えを忠実に守っているのでぶどう酒は飲みません。」とエレミヤに答えました。

その時、神様がエレミヤに「レカブ人はこれ程忠実に先祖の言い伝えを守っているのに、イスラエルの民は私に忠実ではなく、私の声を聞かなかった。」と言われ、さらに「レカブ人には、いつも、わたしの前に立つ人が絶えることはない。」と主が祝福を約束されました。

後にこのレカブ人はイスラエルの一つの街を建てます。それがベツレヘムでした。

彼らはベツレヘム近郊で、宮にささげる傷の無い羊を育て、羊飼いとして天幕生活をしていたのです。

つまり、なぜ神様が羊飼いに救い主の誕生を一番にお知らせになったのかと言うと、彼らは何百年にも渡って先祖の言い伝えに忠実になり、旧約聖書の約束の実現を待ち続けていた人々だったからです。

また、エルサレムの宮で幼子イエスを迎えたのはシメオンという老人でした。

聖書にはシメオンについて「そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。聖霊が彼の上にとどまっておられた。」と書かれており、シメオンもまた主の約束を待ち望む、聖霊に満たされた忠実な人だったのでした。

さらに、預言者アンナという老女が幼子イエスを見ました。
アンナについて聖書には「この人は非常に年をとっていた。処女の時代のあと七年間、夫とともに住み、その後やもめになり、八十四歳になっていた。そして宮を離れず、夜も昼も、断食と祈りをもって神に仕えていた。」と記されています。

彼女は約60年間に渡って、継続的な断食と祈りの生活を持って、主の約束を待ち望んでいた忠実な人だった事を知る事が出来ます。

この様に、主の約束を受け取り、目撃し、味わったのは忠実な人々でした。だから御使い達が主をほめたたえ賛美した時、「地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」と言っています。

そうです。主の平安は私達が主の約束に従い、主に忠実になる時にもたらされる事となるのです。

■A:考えてみよう

この2012年のクリスマス、共に主の恵みを喜び、また主に忠実になるという決心を主の前に捧げましょう。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルカの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

心の敏感な人

■S:今日の聖書の言葉
  ルカの福音書24章25節(イザヤ書24章)  

★ するとイエスは言われた。「ああ、愚かな人たち。預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。」

■O:今日のコラム
 
  主にこんなことを言われたら、結構グサッときそうですね。
  主は、預言者たちの言ったすべてを信じない者=心の鈍い人と言われました。

  狭い意味では、イエス様の死と復活の預言を信じない者、と取れますが、広い意味では、聖霊にうながされて預言された、聖書のみことばを信じない者とも取れます。みことばを信じる者は、敏感に主のことを察知出来るのです。

  ある時、使徒ヨハネは、イエス様の復活後、他の使徒たちとガリラヤ湖で漁をしていました。全く魚が取れないときに岸辺にいる人から『右側に網をおろしなさい。』と言われ、従った時に大漁でした。

  誰も何も感じない時に、ヨハネは『主です』とイエス様を理解しました。このような敏感さを、私達は見習うべきです。そうするならば主をもっと感じることが出来るでしょう。

  同時にこのようにも書かれていました。『そこでふたりは話し合った。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」』(32節)

  主と共に時間を過ごす者は、心が燃やされるということです。
  これも私達の見習うべきところです。

  私達の情熱の炎は、自分で起こすのではありません。イエス様は『私は天から火を投げ込むために来た。』とおっしゃる方です。

  この方を信じ、この方と過ごす歩みを大切にしましょう。必ず燃やされ、敏感になれるのです。
 
■A:考えてみよう
  心燃やされ、心が敏感にされることを期待し、主と過ごし、主を信じる。




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルカの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

イスラエルの回復のために祈ろう!

■S:今日の聖書の言葉
  ルカの福音書23章22節、47-48章(イザヤ書23章)

★22  しかしピラトは三度目に彼らにこう言った。「あの人がどんな悪いことをしたというのか。あの人には、死に当たる罪は、何も見つかりません。だから私は、懲らしめたうえで、釈放します。」

★47-48  この出来事を見た百人隊長は、神をほめたたえ、「ほんとうに、この人は正しい方であった」と言った。
 また、この光景を見に集まっていた群衆もみな、こういういろいろの出来事を見たので、胸をたたいて悲しみながら帰った。

■O:今日のコラム

  人類のメシヤであるイエス・キリストを十字架につけたとしてユダヤ人は世界から嫌われ、十字架をかかげたヒットラーを中心に教会から迫害、虐殺を受けてきた悲しい事実があります。
  
  あの宗教改革を起こした有名な聖者ルターでさえもユダヤ人は敵だと公言していた記録があるほどです。
   
  救い主を受け入れず殺したので、神の民だったユダヤ人の救いはもはやなくなり、肉的な子孫ではなく、霊的な子孫、すなわち教会がその救いと祝福を受け継いだという置き換え神学。しかし今日の個所をよく読んでみてください。
   
  裁判の最高責任者であったローマの総督ピラトは3度もイエス様に罪を認めないと主張し、百人隊長は「ほんとうにこの方は正しい方であった」といい、群衆もみな、胸をたたいて悲しんだとあります。イエス様と一緒に十字架についていた2人のうち1人はイエス様を神の子と告白しました。

  イエス様の12弟子は全員ユダヤ人でローマの市民権を持つパウロもユダヤ人でした。このユダヤ人の弟子たちから福音は世界に広がっていったのです。そして使徒の時代には1日に3000人ものユダヤ人の悔い改めと救いが起こり、神の言葉はますます広まって行き、エルサレムで弟子の数が非常に増えていったとあります。(使徒の働き6章7節)
   
  イエス様を十字架にかけたのはほんのわずかな、そう、ごく一部の祭司長、律法学者たちであってユダヤ人全体の%にしたら1%にも満たない数なのにユダヤ人全体が悪者として世界に認識されているのです。

  でもイエス様の十字架はこのユダヤ人と異邦人(クリスチャン・教会)の敵意をとりのぞき新しいひとりの人(つまり1つ)にし平和を実現する!と聖書は言っています。(実にこの時、ユダヤ人の王ヘロデとローマの総督ピラト(異邦人)は仲良くなっています)

  またイエス様ご自身が十字架上で「父よ彼らの罪をお赦しください」ととりなされたのです。
   
  彼らとは誰と誰でしょう? ごく一部のユダヤ人とローマ兵つまり異邦人です。

  私たちはこのことを心に留め、過去に教会が犯してきたユダヤ人迫害の罪を悔い改め、彼らの救いのために、またユダヤ人と教会(異邦人)がひとつになれるように、涙を持ってとりなしの祈りに入る必要があります。

■A:考えてみよう

 「エルサレムの平和のために祈れ」(詩篇122篇6節)

 「主に覚えられている者たちよ。黙りこんではならない。主がエルサレムを堅く立て、この地でエルサレムを栄誉とされるまで、黙っていてはならい。」(イザヤ書62章6-7節)と聖書が私達に命じているのだから

  今日からともにイスラエルの回復のために祈り、主に覚えられている者となりましょう。

■P:祈り

  イエス・キリストの御名によってイスラエルを祝福します。ユダヤ人の目の覆いが取り除かれ、イエス様を知ることができるように。ユダヤ人と教会の敵意が取り去られひとつとなることができますように。アーメン。

【 あすか 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルカの福音書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。