マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2012年09月14日

祈りの生活に真剣になる

■S:今日の聖書の言葉
  コロサイ人への手紙4章2節(イザヤ書28章)

★  目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。

■O:今日のコラム

  私はコロサイ人への手紙を読むと信仰の炎が燃え上がります。この書には地のものではなく天にある領域へと私達の目を向けさせ、超自然的な人生への招きがここに記されています。
   
  そして、私達が自分の限界や力を遥かに超えた、神様の力にあって生きて行く為の重要な秘訣が今日の箇所に記されています。それは「目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈る。」生活をする事です。

  別訳の聖書にはこの言葉が「祈りの生活に真剣でありなさい。祈る事に心を集中させなさい。」と記されています。御言葉が私達に勧めている通り私達は祈りの生活に真剣である必要があります。
   
  その為には第一に「目をさまして祈る」事。
  
  私達はこの世に生きている中でいつの間にか様々な問題や悩み、楽しみや思い煩いに心の目が向き、霊的な目が閉ざされてしまう事があります。
  それなので、私達が目を覚ます為には絶えずイエス様に目を向け続ける事、そして聖霊様に満たされて主との親密な関係の中を歩んで行く事が大切です。

  さらに、祈りが引き上げられていく為には第二に「感謝を持って祈る」事です。
   
  以前から何度もチャレンジしていますが、もし1日に10分の祈りを持つならその8分は主に感謝し、賛美する事に費やす事をお勧めします。
  
  なぜなら、問題や悩みに注目して祈る時、祈っているにも関わらず神様の偉大さではなく、問題の大きさばかりに心が向い不信仰におちいってしまう事があるからです。
  しかし、感謝と賛美を持って主に目を向ける時、私達はこの世の何にも勝る主の臨在の楽しみを祈りの中で味わう事となります。
 
  「感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。」(詩篇100篇4節)。

  そして三番目に「たゆみなく祈る。」事です。
   
  私達が絶えず祈り、全ての事に感謝する生活を持つ事が神様の願いであり、その生活を持つ時、聖霊様は制限される事無く私達の人生で大胆に働かれる事となります。
   
  使徒の時代に彼らがあれ程ダイナミックに主の業を行なったのは、使徒達は日々祈りと賛美の生活を持ち、聖霊に満たされていたからでした。
  聖霊様は私達の家庭に、職場に、学校に、地域に街に、この国に、神の力ある御国を大胆に現わして下さいます。

  私達は、主によって神様の基準で生きる人生、自分の思いも力も遥かに超えた超自然的な人生を生きるようにと招かれています。
  共に祈りの生活というテーブルについて、この主が用意して下さっているフルコースのメニューを人生かけて味わいましょう。

■A:考えてみよう
  祈りの生活に真剣になろう。祈りの時間を毎日の生活に建て直し、まずは10分からでも毎日、主の御前に立つ時を持ち続けましょう。




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コロサイ人への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

味わい見つめる

■S:今日の聖書の言葉
  コロサイ人への手紙3章2節(イザヤ書27章)

★  あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。

■O:今日のコラム

 私の母は、料理が得意で、特にケーキ作りが大好きでした。小さい頃、私は、そんな母のケーキ作りをよく手伝わされました。一番、よくやらされたのは幼い私にでも出来るケーキの型に油を塗ること、そして、ボールの中の生地をきれいに型にうつすというつまらない作業でした。

  本当は卵を割ったり、生地をかき混ぜたりするカッコいい作業(の様に子どもの頃は見えました)を、やりたかったのですが、それは母の仕事でした。
  けれども、たとえつまらない段階を手伝わされていても、私にとってそれは他のどの手伝いよりも楽しいものでした。それは、何故でしょう。
 
  最終的に出来上がる母の特上のケーキの味を知っていたからです。私はケーキの型に油を塗りながら、母の甘いケーキの香りを想像しました。生地をボールから型にうつしながら、ケーキのやわらかい食感を思い、うっとりとしていました。いろいろな地味なお手伝いの後には、必ず母の美味しいケーキを味わえるという期待が、幼い私に忍耐を与えました。

  私たちは、天におられる主が私たちを選ばれたこと、愛されていることを知っているでしょうか?(12節)

 『もっと側に来て欲しい、もっと私と時間をすごし、私を味わって欲しい』と主は願っておられます。その味を覚える時に、私たちは『この労苦を経たのちに、地上では味わい尽せなかった何にもまさる主ご自身を、天で味わうことの出来る!』という希望がうまれ、ますます天を恋い慕う思いへと変えられるでしょう。

  天におられる主を慕い、思う時、今、置かれている場所で、自分に任されていることに、もっと喜びをもって、もっと忠実に仕えることが出来るようになる信じます!

  詩篇の著者たちのように、神様の麗しさを味わう者となっていきましょう。

 「万軍の主。あなたのお住まいは、なんと慕わしいことでしょう。」(詩篇84篇1節)
 「あなたのみことばは、私の上あごに、なんと甘いことでしょう。蜜よりも、私の口に甘いのです。」(詩篇119篇103節)
 「あなたに向かって、私は手を差し伸べ、私のたましいは、かわききった地のように、あなたを慕います。」(詩篇143篇6節)
 
■A:考えてみよう
  自分は、「主と共に時間を過ごす」ということを聞くと、義務のように感じるだろうか? 喜びとなっているだろうか?
  深みに入れば入るほど、その味わいははっきりとしてきます。まだ、浅瀬で迷っているなら、深みに漕ぎ出してみましょう♪




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 みちる 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コロサイ人への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

祈り

■S:今日の聖書の言葉
  コロサイ人への手紙4章2節(伝道者の書8章)
★  目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。

■O:今日のコラム

  皆さん、祈りの生活は続いているでしょうか? 今日の聖書の箇所から祈りについて教えられました。

  1つは、「目を覚ます」ということです。
   
  私は、朝の祈りがずっと苦手でした。すぐ眠くなってしまうからです。
  祈りの決心をしてから、決めた時間に起きることは守られています。ただ、充実した中身の濃い祈りになっているかというとそうでないときもあります。

  神様との良い時間を過ごせるために、賛美を流し、なるべく立って歩きまわって祈っています。また、異言の祈りと主の祈りを声に出して祈っています。肉の目も、心の目も覚まして神様を見上げていきたいです。

  2つ目は、「感謝しながら」ということです。

  神様に向かって祈りができるというのは、クリスチャンに与えられた特別なギフトであると同時に、もし用いなければ私たちの霊は枯渇してしまいます。食前の祈りをする方も多いと思います。肉の食べ物に感謝すると同時に、「霊的な食事=神様との生きた関係」を感謝して受け取ることはとても重要です。感謝して朝昼晩と祈っていきましょう。
  
  3つ目は、「祈り続ける」ことです。

  昨日祈ったからもういいやではなく、今日も神様との関係を喜びたい、神様の心を求めたいという姿勢が大切です。

  もし、昨日祈れなくても自分を責めすぎないで、新しい1日を神様を見上げる日としましょう。神様は喜んで迎えてくださると信じます。
  祈りを続けることは、すぐに差は見えませんが、小さな差が大きな違いをもらたします。これからも祈りによって神様との愛の関係を深めていきましょう。
 
■A:考えてみよう

  祈りを妨げているものがあるでしょうか? それらを神様の力と知恵によって取り除き、神様に近づきましょう。




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まろ 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コロサイ人への手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。