マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2011年05月13日

親切なことば

■S:今日の聖書の言葉
  ピレモンの手紙14節(第二列王記25章)
 あなたがしてくれる親切は強制されてではなく、自発的でなければいけないからです。

■O:今日のコラム
 
 「親切」というものは私達クリスチャンが聖霊様によって結ぶ重要な実の一つです。親切と聞くと、何か柔らかく、やさしく、弱々しいイメージを抱く事がありますが、聖書が言う親切とは、ものすごく積極的で力強い行動です。

 私達が人々に親切をあらわす為の大切な一つの方法は「言葉による親切」です。箴言の中には親切な言葉について「親切なことばは人を喜ばす。」、「親切なことばは、きよい。」、「親切なことばは蜂蜜、たましいに甘く、骨を健やかにする。」と書かれています。私達はこの親切な言葉を通して、人を励まし、建て上げ、そしてイエス様の元へと導く事が出来ます。ではどうやって親切な言葉をかける事が出来るのでしょうか?

 先日、東北の救援活動に行った時、私は髪を切る働きをさせていただきました。朝から夕方まで次々と被災者の方の髪をカットさせていただいたのですが、その中で津波の被害にあった日の事、現在の状況、心の中にある悩み、これからの必要や悩みなど、様々な事を話して下さいました。そして、人々の必要の為に祈る機会も与えられました。

 私達が人に親切な言葉を贈る為には、共に時間を過ごしその人の必要、願いを知る事が大切です。イエス様は心傷ついたサマリヤの女性の心を開き、神の国を伝える為に、まず彼女の側に座り、話しかけ、一緒に時間を過ごす事から始められました。コロサイ4章6節には「あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味のきいたものであるようにしなさい。そうすれば、ひとりひとりに対する答え方がわかります。」と書かれています。

  今日、家族に、学校の友達に、職場の人々に親切な言葉を贈りましょう。その人が何を必要としているか聖霊様によって導かれ実際に言葉にして、その人に話しかける事が出来ますように。その親切な言葉の中に神様による変化がもたらされていくと信じます。
 
■A:考えてみよう
  今日、親切な言葉を贈る事を共にチャレンジしましょう。




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピレモンヘの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

私は変えられた!

■S:今日の聖書の言葉
ピレモンへの手紙 11節(イザヤ書50章)
オネシモ〔「役に立つ」という意味〕は、以前あなたのもとにいたころは、役立たずの奴隷であったかもしれません。しかし、クリスチャンとなった今、あなたにとっても私にとっても、その名のとおり、役立つ者となりました。(リビングバイブル訳)


■O:今日のコラム
 私たちは、イエス・キリストと出会うときに変えられます。今までどんなことをしてきたとしても、イエス様を信じることによって新しく変えられるのです。今日の手紙を書いたパウロは以前クリスチャンを迫害する者でした。しかしどうでしょうか。イエス様と出会ってからは、神の国のために大きな働きをする者へと変えられました。また、この手紙に登場するオネシモは、ピレモンの家の奴隷でした。オネシモはピレモンの家から逃げ出し、監獄の中のパウロと出会い、そしてイエス様と出会いました。パウロはこのオネシモは以前と違い、本当に役立つ者だと言い、そっちに帰すから迎え入れてやってほしいと手紙に書きました。
 私たちは誰でも、イエス・キリストによって変えられます。自分を見つめると、自分の中の弱さがはっきり見えるかもしれません。しかし、私たちはキリストにあるアイデンティティーを口で告白していきましょう。また、周りの兄弟姉妹の中に、この人本当にクリスチャン?と思う人がいるかもしれません。しかし、私たちは信仰の目をもってその人を見、イエス様がシモンをペテロ(岩)と呼んだように、その人のキリストにある本当の姿を見続けていきましょう。
 
■A:考えてみよう
過去の自分ばかり見つめていないだろうか?キリストにあって変えられた自分を宣言していきましょう!!



■P:祈り


イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。


【まろ】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピレモンヘの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

信頼し、立て上げること

■S:今日の聖書の言葉
ピレモンへの手紙 11節(列王記 第二25章)
オネシモ(「役に立つ」という意味)は、以前あなたのもとにいたころは、役立たずの奴隷であったかもしれません。しかし、クリスチャンとなった今、あなたにとっても私にとっても、その名のとおり、役立つ者となりました。(リビングバイブル訳)

■O:今日のコラム
 人の過去を知っている場合、ときにその人を受け入れにくいことがあります。例えば、いつもウソをついていた人が、どんなに変えられて真実を語るようになったとしても、ウソをずっと聞いてきた人にとっては、真実のことばも疑って聞いてしまうことでしょう。しかし信頼できる人が、「この人は真実を語っているから安心して受け入れて。」と言えば、多少の不安は残っても真実のことばを受け入れることができるようになるでしょう。
 パウロはピレモンとオネシモの間に入り、「オネシモが本当に役に立つ人へと変えられた」ということをピレモンに手紙で送りました。また、何か損害をかけたら、自分に請求してくれとも伝えました。オネシモはイエス様との出会い、またパウロの信頼によって変えられました。私自信も、パウロのようにもっと多くの人たちを信頼し、立て上げることのできる者になりたいと思いました。
 
■A:考えてみよう
誰か、自分が親のようになって支え、その人の成長を喜びとする「誰か」はいますか?その人のために祈り、支え続けよう。




■P:祈り


イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【まろ】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピレモンヘの手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。