マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2012年11月28日

待っていてくださる神

■S:今日の聖書の言葉
  ペテロの手紙 第二 2章1b節(詩編90編)

★ 「同様に、あなたがたの中にも偽教師が現れます。彼らは神様について、巧妙なうそをつき、自分を買いとってくださった主に対してさえ、逆らおうとします。しかし、彼らを待っているのは、突然襲いかかる恐ろしい最期です。」

■O:今日のコラム
  
  この章は、読むだけで暗くなりそうな章ですね・・・。

  要約すると、クリスチャンの中にも偽教師が入り込み、うそをつき、「性的な罪のどこが悪いと居直」り、「彼らの教えに、多くの人がつり込まれる」(2a節)ようになる。でも、「神様は昔からそんな連中を厳しく罰してこられ」たのです(2b節)。

  ソドムとゴモラの人たちが灰の山と化したように。そして、後半には、そういう人たちはイスカリオテのユダのことをイエスさまが言ったように、哀しいかな、むしろ「キリスト様について何も知らなかったほうが、はるかにましです。」(21b節)とあります。

  でも、暗い章にも、明るい兆しがあり、心にとめておくべき戒めがあります。それは神様は正しい人を救ってくださる、ということです!
  ノアを洪水から、ロトを火から救い出されたように!!(水のバプテスマと聖霊のバプテスマを示唆したことばですね・・・。)
  又、私たちが正しく主を恐れるようになるために、書かれているのです(6b節)。

  ある話を聞いたことがあります。
  海外からの宣教師がとある国の教会に行きました。そこで女性と知り合い、仲良くなった彼らは、一緒に旅行に出かけ、肉体関係を持ってしまいました。

  女性の方は、まだ救われて間もなかったので、あれ〜?いいのかな〜?程度にしか思いませんでした。
  数ヶ月後、男性は自分の国へ帰ることになりました。そしてちょうど一年後、彼女は彼が死んだことを知らされました。

  神さまの裁きでなくて何でしょうか?
  神さまは、一年間彼が悔い改めて神に立ち返るのを待っていたと思います。でも、それが無かったので、やむなく手を下されたのです。

  ここでの神さまのイメージを、書き記しておく必要があると思います。ついこないだ習ったことなのですが、それは、神さまは両腕を組んで、そんなに反抗するなら、知らない!と言っているのではないということです。

  罪の中に居る人が、崖っぷちですでに体全体が崖の中にいるのを、イエスさまが手を伸ばしてその人の腕を持っている、それだけが彼を落ちることから救っている、という情景なのです。それでも、その人はイエスさまに立ち返ろうとしせず、主を仰ごうとしない、そこで、イエスさまは、心を痛めながら、本当はそうしたくないけど、そんなに言うなら仕方がない、と手を離されるのです。

 「光の子どもらしく歩みなさい。」(エペソ人への手紙5章8b節)と神さまは私たちに教えてくださっています。
  それは、罪を全く犯すな、ということではなく(そんなの出来っこないのを主はご存知です。)、イエスさまの光にいつも自分の心と行いを照らし合わせて、罪を告白し、行いを聖めて歩みなさい、と言っておられるのです。
 
■A:考えてみよう

  今日、心の隅々まで主に光を照らしてもらいましょう!

  罪を示されるなら、主に告白し、手放しましょう!!
  又、弱さがあるなら、主のあわれみを求めましょう!

  何よりも、助け主なる聖霊さまを心の隅々まで歓迎して行きましょう!




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 れいこ  】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペテロの手紙 第二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

「あなたがたの中にも」

■S:今日の聖書の言葉
  ペテロの手紙 第二 2章1−2節(ナホム書2章)

★  同様にあなたがたの中にも偽教師が現れます。彼らは神様について、巧妙な嘘をつき、自分を買い取ってくださった主に対してさえ、逆らおうとします。  しかし、彼らを待っているのは、突然襲いかかる恐ろしい最後です。

■O:今日のコラム

  最初に読んだ時に、このみことばが他人事のように感じました。けれどよく読んでみると、「あなたがたの中にも」という言葉がある事に気がつきます。この言葉がすごく引っかかりました。

  聖書を読んでいるといろいろなたとえ話しが出てきます。そのたとえ話を読んでいると、もし私がこの人でもこんな事はしないだろうな!って思う事が無いでしょうか? 
  例えば、私だったらダビデみたいに姦淫の罪を犯さないだろうな!とか。たまにそんな事を思ってしまう事があります。

 「私はあの人たちとは違う!私はもっと清いんだ!」って言葉には出していなくても、心の中である人たちを批判している事って、私の日常の中ではかなり多いような気がするんです。

  この箇所で言っている「あなたがたの中にも」という言葉。それにはこういう意味があるような気がするんです。

  一つは教会の中。教会の中に真理を伝えようとしない、偽教師が出てくる。その人たちは真理とは違う事を言い、キリストを否定しようとするのだというのです。ちょうど終わりの時代になると、こういう偽教師、偽預言者がどんどん多くなると別の聖書箇所で言っています。

  でも、そういう人たちはどこから始まるんでしょう? それは私達の心からなのではないでしょうか? 私達の心の中には聖霊様が住んで下さっています。  
  でも同時に偽教師、パリサイ人も住んでいるような気がします。たまに私達はその偽教師の存在を忘れてしまったり、軽視している時があります。

  周りにいる人を批判したり、「私はあの人とは違う!私が正しいんだ!」って自分を正当化することって全くないとは言えないような気がします。
  でも気をつけなきゃいけないのは、そういう小さな種を放っておくと成長していき、行き着くところは「偽教師、恐ろしい最後。」となってしまうんだ。と神様に言われた気がしました。
 
■A:考えてみよう
  今日、主のもとで祈り、悔い改めなければいけないことを教えてもらいましょう!




■P:祈り
  イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 れな 】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペテロの手紙 第二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

こたえ

■S:今日の聖書の言葉
ペテロの手紙 第二 2章19節(詩篇90篇)
何かに支配された人は、その奴隷です。(リビングバイブル訳)


■O:今日のコラム
 ハレルヤ!2010年の終わりがもうすぐですね。締めくくるにはまだ少し早いかもしれませんが、この1年を振り返ってみると、私は主に愛されている者なんだということを改めて感じています。学んだことを2つシェアさせていただきたいと思います。 1つ目に、今年はゴスペルシンガー(通称ゴスペルライオンDK)横山大輔君のサポートとして働く機会が与えられました。DKの仕える姿勢を通して、いつもベストを尽くして今日を走り抜き、結果がどうであれへりくだり主に栄光を返し続けることを教えられました。
 2つ目は、自分のいのちの意味について主のおそるべき計画を垣間見たことです。北海道出身の私には関東に家がありません。しかし、訓練の場として教会に住み込むことが許されたのです。何という幸い!!教会のみなさんには本当に感謝でいっぱいです。しかしこの状況に置かれたとき、私のプライドからこのような思いがやってきました。「自分は楽をしたくて、ここにいるのではないか…。こんなことをしてて、将来どうなるんだろう、迷惑にもなるしとっとと田舎に帰るほうがよっぽど楽になれるんじゃないだろうか。」塵にひとしい私の考えることは、永遠をもってしても知り尽くすことのない神様の想いには比べるべくもありません。しかし、次のことは確信が与えられました。私の人生は主が支配しておられ、私は主に愛されている。その愛を受けて主を愛するために私は生きているのです。主の恵みに支配されているから私は主の奴隷です。この関係に引き入れ回復してくださった、イエス様の御名が今日も高く高くかかげられますように。


■A:考えてみよう
今日も第一の掟である心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして主を愛することを実践していこう。



■P:祈り
イエス様、なによりも誰よりもあなたを愛しています。あなた御自信が恵みであり、私はその奴隷であることをありがとうございます。アーメン。


【ぺい】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペテロの手紙 第二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。