マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2010年04月27日

話し合うこと

■S:今日の聖書の言葉
ヨハネの手紙 第三 1章13,14節(民数記8章)
あなたに書き送りたいことがたくさんありましたが、筆と墨でしたくはありません。間もなくあなたに会いたいと思います。そして顔を合わせて話し合いましょう。


■O:今日のコラム
 おはようございます。今日も神様に祈って話していきましょう。神様がそう願っています。
 毎朝6時にマナメールを読んでいる人は日本の各地や世界でも大勢いらっしゃると思います。メールやインターネットは本当に便利なもので、世界中でつながることができます。2千年前、ヨハネさんは、ガイオさんと手紙だけじゃなくて、顔を合わせて話し合う事を望みました。この時に今の技術があればこの御言葉は書かれなかったのでしょうか。そんなことはないと思います。画面でなく、実際に会うことは、その人をより知ることができ、互いに励まされるからです。僕らも友達と話し合う事は大切なことなんだと思います。
 イエス様は、僕らのために、天から下って、この世に来られました。この世でイエス様は、僕らの友達となってくださいました。そして、愛する僕らのためにいのちを捨ててくださいました。イエス様の十字架と復活は、僕らへの愛の証です。そのイエス様は、僕らと顔を合わせて話し合いたいと願っておられるのです。僕らを愛することを伝えるのには、この聖書では収まりきらないのだと思います。僕らに書き送りたいことはたくさんあるのだと思います。だからイエス様は、筆と墨だけではなく、顔を合わせ、実際に話し合いたいと願っておられるのです。
 僕らが祈ることは神様との会話です。祈りはお願いだけではありません。神様からの言葉も聴く必要があります。会話だからです。神様が語り、僕らが返し、僕らが話し、神様が応える。それが会話です。神様は僕らと話し合いたいと願っておられます。今日も神様と話し合っていきましょう。神様が僕らを導いてくださるからです。


■A:考えてみよう
神様といろいろ話し合っていきましょう。また、最近会っていない友達とも会って話せるように時間を作ってみましょう。



■P:祈り


イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。


【ひろみち】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの手紙 第三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

祈ろう

■S:今日の聖書の言葉
ヨハネの手紙 第三 2節(歴代誌 第一 9章)
愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。

■O:今日のコラム
 おはようございます。みなさんが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。
 お互いに祈っていきましょう。あの人やあの人のために祈っていきましょう。僕らが、祈る時、真理のためにその人の同労者となることができます。
 僕ら一人一人には、イエス様の愛、十字架と復活の福音が必要です。「たましいの幸い」が必要なのです。たましいの幸いを得た僕らは、お互いのために生きることができるのです。たましいに幸いがあると、すべての点で幸いを見つけ受け取ることができます。そして、イエス様の十字架の血潮によって、健康を受け取る事ができます。
 すべての点で幸いを得ている者は、すべての事に感謝できる者だと思います。すべての事は、イエス様の十字架と復活によって感謝することができます。僕らは、この感謝を周りに届けていく者になることができます。あなたの居る場所、その周りの人が、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。

■A:考えてみよう
自分自身のために祈りましょう。あの人のために祈りましょう。




■P:祈り


イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【ひろみち】

Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの手紙 第三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

人のために祈る

■S:今日の聖書の言葉
ヨハネの手紙 第三 2節(詩篇95篇)
愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。


■O:今日のコラム
 セルリーダーなら、セルのメンバーのために毎日祈っていると思います。他人に対する愛の心で求めるなら、主はその願いをかなえてくださいます。『何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。』(㈵ヨハネ5:14)。だから互いに祈り合いましょう!(ゆ〜るしあ〜い〜♪ い〜の〜りあ〜い〜♪ ですよ!)
 ヨハネの祈りの意識は、相手の心の内側のことから、心の外のことへと広がっていっています。これは大きいポイントです。もちろん私も人から祈っていただけたら嬉しいです。祈ってもらえるなら、『ますます仕事が成功していきますように。』も嬉しいです。『経済が豊かになりますように。』も嬉しいです。でもリクエストしていいなら、『心が益々しあわせで満たされ、すべての点でもますますしあわせになり、また健康であるように。』がいいです。だから人にもまず、心に幸せが満たされるように祈りたいです。


■A:考えてみよう
人に対して祈るときに、まず心の内のことから、具体的に目に見えることへと祈っていきたい。





■P:祈り




イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。


【まじまこ】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの手紙 第三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。