マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2013年01月06日

神様こそ

■S:今日の聖書の言葉
  第一サムエル記8章20節(同7章)

★  よその国々と同じになりたいのです。

■O:今日のコラム

イスラエルに王がなかった時代にイスラエルは、他の国々のように王が欲しいとサムエルに願いました。

サムエルが、王をたてるということは徴兵制をしくこと、税制が始まること、一種の独裁政治の開始が始まることであることを警告しても(8章11-18節)、なおイスラエルはとにかく王が欲しいと言いました。

この後、イスラエルは自分たちがあれほど願った王のゆえに大変な道を通るイスラエルにサムエルは、「実は、神様こそすでにあなたがたの王であったのに。(12章12節)」と語ります。

サムエル記を読んで、イスラエルがサムエルに王が欲しいと願ったとき、神様はどんな気持ちだったのだろうと思うと切なくなりました。

同じように、私たちが欲しいと願うもの、家族や友達、喜びや夢、楽しみや暖かさ、それらを他の何かを見て欲しいと願うとき、神様は私たちに「私こそがあなたが願っているもの、家族であり、友であり、喜びなんだよ。」と語りかけてくださっているような気がしました。

■A:考えてみよう

「5回なぜを繰り返せば本質がわかる」と良く言われます。

前に聞いた例に、車が欲しい人にどうして車が欲しいかを5回繰り返したところ、結局は愛されたい、認められたい、必要とされたいという願いが結局の願いであったということを聞きました。

私もいろんなものを願ってしまいます。欲しいもの、必要なものを挙げたらきっと切りがありません。しかし、結局欲しいのは神様だけなんだということを今日の箇所から改めて教えられました。

「わたしの顔を慕い求めよ。(詩篇27章8節)」

主もわたしたちが主を求めることを喜び、待ち望んでおられることを感謝します。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 れな  】 Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一サムエル記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

取り扱い注意!

■S:今日の聖書の言葉
  第一 サムエル記6章11節・19節 (同5章)

★  6:11  そして主の箱を車に載せ・・・

★  6:19  主はベテ・シェメシュの人たちを打たれた。主の箱の中を見たからである。

■O:今日のコラム

今日の箇所(第一 サムエル記5・6章)を読んでわかるように、「神の箱」は、神様の臨在そのものを表すものでした。この箱の蓋(贖いの蓋)の上の2つのケルビムの間から神様がモーセに語られたのです。(出エジプト記25章22節)

またこの「神の箱」はイエス様をも表しています。

材質であるアカシヤ材は砂漠に生える強い木で、虫に食われることのないほどの強さ、堅さをもっているいるところから人としてのイエス様のことといわれていて、その上に神様の神聖を表す純金がかぶせられているからです。

ペリシテ人の神ダゴンを切り離し、アシュドデの人たちから始まってイスラエル人でも、神様の定められた方法に従って取り扱わない人たちの上に神様の大きな裁きが下りました。

律法には契約の箱を運ぶときの方法、特に、その運び方についての詳細が記されています。(出エジプト記25章12-15節)

契約の箱を運ぶときには、彼らが聖なるものに直接触れて死ぬことのないように、おおいを掛け、おおい終わった後で、レビ部族のケハテ族が、棒を肩に担いでこの箱を運ぶことが定められていたのです。(民数記4章15節)  

「主の箱を車に載せ」た時点でアウトですね!(笑)でも後にダビデ王も同じミスをしてしまい、ウザの死を招くこととなるのです。
聖なる神様の臨在の箱に、罪ある人間が触れることは赦されませんでした。

だから主の箱の中をあけて見たベテ・シェメシュの人たちにはとりわけ重い裁きが下り、神様の箱がひっくり返らないようにと人間的な助けをしたウザもその場で命を失ってしまいました。

でもその後、主の箱を正しく取り扱ったオベデエドムとその一族を神様は祝福されます。

このことを知ったダビデは今度は、律法(神の言葉である聖書)をよく学び直し、次は神様の定めたやり方で、レビ人に担がせ、無事にこの箱をダビデの町に戻すことに成功し、神様の大きな祝福を受けることとなります。

私たちも聖書をよく学ばないでいると、「神様の方法」に気付かず、自分の勝手な方法で、物事をなんでも決めてしまい、結果失敗に終わるということがあるかもしれません。

終りの時代を生きるクリスチャンは、私たち一人ひとりが神様の臨在を運ぶ「契約の箱」なのです。ならばその取り扱い方にも十分に気をつけなければなりません。

人間的に思わず手を出してしまうその手を引っ込めて、勝手につっぱしてしまうその思いを引っ込めて、今日、あなたのしようとしている事を神様の方法にゆだねてみましょう。

そしてダビデがしたように、聖書をよく学び主の思いを探っていきましょう。

■A:考えてみよう

私たちの中に聖霊様が生きてくださっている、つまり私たちの身体そのものが「神様の契約の箱」であると知っていましたか? そう意識するなら聖霊様は今、あなたにどのように行動してほしいと語っておられますか?

■P:祈り

主よ。今日私をあなたの契約の箱として、いくところどこにおいても祝福を運ぶ器となることができるように整えてください。

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 あすか 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一サムエル記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

祈りは聞かれている

■S:今日の聖書の言葉
  第一 サムエル記3章19節(同4章)

★  サムエルは成長した。主は彼とともにおられ、彼のことばを一つも地に落とされなかった。

■O:今日のコラム

あけましておめでとうございます。この2013年が皆様にとって、今までに無い規模の神様の恵みと好意を味わう年となる事を始めに主に感謝致します。

昨年の31日から今年の1日にかけて、通常の24時間の祈りとは別に、26時間の連続祈り会の時を持ちました。私はその祈り会の中でイエス様に啓示を求めて祈りました。

その中でイエス様が答えて下さった一つの語りかけは。「今日まで」という言葉でした。その意味は、私達の内にある病や痛み試練や重荷は今日までにして、新しい年に向かって癒しや、解放、神様の恵みを預言的に宣言しなさい。という意味でした。

また、2012年は多くの祝福を味わいましたが、その一つ一つを主に感謝すると共に、その油注ぎを遥かに超える注ぎを新しい年に与える。だからその事を宣言しなさい。という意味でした。

私達は共に今の状況の中で、この新しい年に向かって預言的宣言をしましょう。

病は癒され、家族は救われ、この国に大収穫の年が訪れるという信仰の種を告白により蒔くのです。必ず私達はこの蒔いた種の実を今年味わう事となります。

今日の箇所にはサムエルが語ったことばが一つも地に落なかった。という事が記されています。

この「ことば」とは原語では「仕事、業績、出来事」という意味もあります。また「落ちる」とは「倒れる。失敗する」という様な意味もあります。

つまり主はサムエルの言葉、宣言、働き、業績、祈りを何一つ失敗させること無く、むしろそれをこの地に実現させられたのでした。その秘訣は何でしょうか。

それは本当にシンプルな事で「主は彼とともにおられた。」ということです。

この2013年、必ず私達は今までに無い規模の大収穫を味わう事となります。
その為の重要な備えは、毎日神様と共に歩む事です。

本当にシンプルな事ですが最も重要な事です。

今年も毎日祈りと御言葉の啓示を通して、ますます聖霊様の満たしと、イエス様との深い愛の中を歩む事が出来ますように。イエス様こそが私達が求める最も大事なお方です。

■A:考えてみよう

新年に対する計画や目標を立てましょう。

その目標の中に今年、今まで以上に必ず主との祈りとデボーションの時間を持つ、という事を決心しましょう。それこそがこれからの時の最も必要な力となります。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一サムエル記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

初ものを捧げる祝福

■S:今日の聖書の言葉
  第一 サムエル記 1章28節 (同2章)

★  (ハンナは言った) 「それで私もまた、この子を主にお渡しいたします。この子は一生涯、主に渡されたものです。」 こうして彼らはそこで主を礼拝した。

■O:今日のコラム

今日の箇所では、不妊で苦しんでいたハンナが、主に子どもを下さいと涙ながらに求め、主がその祈りに答えて下さった時の話です。

ハンナはやっと与えられた息子サムエルを乳離れするまで育てたあと、主に捧げるべく、祭司エリのもとへと連れていきます。ハンナが長男サムエルを捧げた時点では、ハンナにはサムエル以外に子どもはいませんでした。

母親としては、やっと産んで、愛し育てた子どもを手放すことは、ものすごい痛みと葛藤がともなうことだと思います。
このことを考える時、彼女の 「すべてを捧げる」 信仰に感動します。
 
私たちが主から与えられた初ものを、主に惜しみなく大胆に捧げる時、神様は必ず報いて下さいます。私たちが仕えているのは、私たちが捧げたものを何倍にもして報いて下さる気前のいい神様なのです!

その後、神様はハンナを顧みて下さり、さらに3人の息子と2人の娘を与えて下さいました。

主が私たちに下さった一日の初めの時間を捧げ祈りに費やすこと、什一献金として収入の初ものをささげることなど、何事においても、初ものを捧げることには痛みや葛藤がともなうかも知れません。けれども、そこに大きな報いがあることを覚えましょう。

ハンナは 「私にはサムエル以外に子どもがいないから、この子は主に渡せない…」とは言いませんでした。

 「今日は忙しくて時間が無いから…」 「この分のお金はとっておかないと…」 そういう不安は確かにあるでしょう。
 
けれども、初ものを捧げる時に神様が何倍にもして、残りのものを祝福して下さることを覚え、今年一年大胆に惜しみなく初物を主に捧げて、豊かに蒔いて豊かに刈り取る者となりましょう。 ハレルヤ!

■A:考えてみよう

自分がまだ葛藤を覚える捧げものは何だろう?
強いられてでもなく、いやいやながらでもなく、喜んで捧げる者となることができるよう、神様に求めてみよう。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 みちる 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一サムエル記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

買い戻す

■S:今日の聖書の言葉
  ルツ記4章14節(ルツ記3章)

★  女たちはナオミに言った。「イスラエルで、その名が伝えられるよう、きょう、買い戻す者をあなたに与えて、あなたの跡を絶やさなかった主が、ほめたたえられますように。

■O:今日のコラム

明けましておめでとうございます。2013年が皆様にとって素晴らしい年となることをお祈りいたします。

今日のデボガイでは、「買い戻された」という素晴らしさを分かち合えたらと思います。

ダビデの親エッサイの親オベデの親「ボアズとルツ」の話が今日の箇所には書かれています。ダビデの3世代前のストーリーとなるわけです。

もちろん、この家系からイエス様がお生まれになったことはみなさんもご存じかと思います。

ルツ記のストーリーはぜひ読んでいただければと思いますが、今日、一番心に残ったことばが「買い戻す」ということばでした。

ルツはナオミに従い、ボアズのもとへと近づきました。その結果、買い戻しの権利のあるボアズと結婚することになったのです。

モアブ人であったルツがナオミに従ってボアズと結婚し、その後にイエス様がお生まれになりました。

それは、私たち異邦人が聖霊様の声に聞き従い、イエス様のもとに近づき、主であり花婿であられるイエス様が私たちのために、十字架で犠牲を払い、贖い(買い戻し)をしてくださったことにつながってくるのではないかと思いました。

私たちは、いつも聖霊様に従っていきたいです。そして、私たちを買い戻す権利のある方、花嫁として迎えてくださるイエス様のもとへと近づいていきましょう。
 
■A:考えてみよう

今年、あなたは何を一番に求めたいですか?
1年間続けていきたいことは何ですか?

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まろ 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルツ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

決意を告白し、一生懸命にやる

■S:今日の聖書の言葉
  ルツ記1章16節、2章3・7節(口語訳)

★  1:16  しかしルツは言った、「あなたを捨て、あなたを離れて帰ることをことをわたしに勧めないでください。わたしはあなたの行かれる所に行き、またあなたの宿られる所に宿ります。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神です。

★  2:3・7  ルツは行って、刈る人たちのあとに従い、畑で落ち穂を拾ったが、彼女ははからずもエリメレクの一族であるボアズの畑の部分にきた。

 彼女は『どうぞ、わたしに、刈る人たちのあとについて、束のあいだで、落ち穂を拾い集めさせてください』と言いました。そして彼女は朝早くきて、今まで働いて、少しのあいだも休みませんでした」。

■O:今日のコラム

あけましておめでとうございます! 今年一年が皆様にますます益々増す増す大きな祝福が満ち溢れますようにぃ!! 神様を賛美し求めていく一年になりますようにぃ! 

神様にどこまででもついていく決意を告白していきましょう。僕らがはからずもやることでも神様にとっては計画だからです。

ルツ記1章では、ルツさんはナオミお義母さんについていく決意を告白しています。

聖霊様は、神様の性質の中で母を象徴していると言われています。僕らは、聖霊様によって、天のお父さんとつながることができます。聖霊様によって、イエス様の十字架と復活の福音を信じ、イエス様を主と告白することができます。

聖霊様は、僕らの助け主です。聖霊様は、僕らの力です。

だから、聖霊様が行く所に行き、聖霊様が宿られる所に宿る決意を告白していきましょう。

聖霊様についていくと、自分のやりたいことをやれないかもしれません。

ルツさんは、文化の違う場所に行き、お義母さんのために落ち穂拾いを朝早くから、少しのあいだも休まず働き続けました。今を生きるために必死になって働き続けました。その場所は、「はからずも」ボアズさんの畑でした。

ボアズさんはイエス様の象徴です。後に、ルツさんはボアズさんの花嫁となります。僕らが聖霊様の力によって、一生懸命にやることは、僕らをイエス様へと近づけてくれるのです。自分にはそんなつもりがなくても、「はからずも」イエス様の栄光を見ることができるのです。

今年、「大収穫の年」になるのは、僕らの力ではありません。でも、僕らが聖霊様を求めていくことによって、僕らを通して聖霊様がはからずも主の栄光を見せてくださると信じます。

今年一年、聖霊様を求め続け、天のお父さんの栄光を求め続け、イエス様の十字架を見上げ愛し求め続けていきましょう。

■A:考えてみよう

今年一年の決意を告白し、一生懸命にやることができるように、祈っていきましょう。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ひろみち 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第一サムエル記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

エルサレムのために祈れ

■S:今日の聖書の言葉
  詩篇122篇6-7節(ヨハネの黙示録22章)

★  エルサレムの平和のために祈れ。「おまえを愛する人々が栄えるように。おまえの城壁のうちには、平和があるように。おまえの宮殿のうちには、繁栄があるように。」

■O:今日のコラム

ついに今年最後の日ですね。世の終わりの日も間もなくであると信じます。

エルサレムのために祈る、とは東京のために祈れ、とか大阪のために祈れ、とはちょっと違います。

確かにこの詩篇が書かれた当時には、一つの都市のために祈れという意味あいが強く印象づいたかも知れません。

しかし、新約の時代の今、啓示が開かれ、エルサレムとは、キリストの花嫁のことであることが明らかにされました。

黙示録21章、新天新地の時代の御言葉に、『私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとを出て、天から下って来るのを見た。』(黙示録21章2節)とあるからです。

旧約の時代しきりに『エルサレムの祝福のために祈れ』とあるのは、もちろん都市のために祈ることも含まれていますが、『キリストの花嫁の祝福のために祈れ』と意味があるのです。

パウロも聖徒たちがキリストの花嫁として整えられていくことを、大きな喜びとしていました。そのために私たち人間は創られたから、キリストの花嫁が整えられていくことは、主の願い、喜び、計画だからです。

『見よ。まことにわたしは新しい天と新しい地を創造する。先の事は思い出されず、心に上ることもない。だから、わたしの創造するものを、いついつまでも楽しみ喜べ。

見よ。わたしはエルサレムを創造して喜びとし、その民を楽しみとする。わたしはエルサレムを喜び、わたしの民を楽しむ。そこにはもう、泣き声も叫び声も聞かれない。』(イザヤ書65章17-19節)

■A:考えてみよう

キリストの花嫁となるために、キリストの花嫁が世界中で整えられていくように、祈ろう!

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。