マナメールの受信にはドメイン指定解除、もしくは指定受信の設定が必要です。詳細は下記からご覧ください。
【au】
【docomo】手順7、もしくは手順8で下記のドメインを指定して下さい。
【Softbank】
なお、ドメイン名は「shalom3.com」もしくは「devotion@mm.shalom3.com」とご指定ください。


デボーションガイド【マナメール】は、下記のページに引越しをしました。

新宿シャローム教会ホームページ

2012年12月30日

新婦入場

■S:今日の聖書の言葉
    詩篇121篇2・4節、ヨハネの黙示録20章2節 

★  詩121:2、4  私の助けは、天地を造られた主から来る。・・・ 
見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。

★  黙20:2  私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとから出て、天から下って来るのを見た。

■O:今日のコラム

主がこの一年も導いてくださったことへの感謝は尽きません。その中でも、結婚は人生の大きな節目となりました。

妻と結婚に向けて意志を決めたのはちょうど今年の1月ころ。
慎悟先生に相談するなり、「じゃ今年の6-7月ころかな〜」と大胆に勧められ(笑)、そこから怒涛の準備期間へと突入していったのです。

結婚は本当に祝福でありますが、式を挙げるためのプログラムや様々なことを決めることの大変を知り、何より、式のために、そしてその日から始まる結婚生活にむけて自分自身を整えることがいかに大切なのかを学びました。

相手が多忙の中でも、身を整え、外からも内からもきれいになっていく過程を見ていると、自分も相手にふさわしく変えられたいと心から思いました。

そして迎えた式当日。その日、花嫁は本当に美しかったのを今でも覚えています。

そして妻は主の美しさへとますます変えられ続けているのです。それは彼女が、また周りの方々が犠牲を惜しまずに、その瞬間にむけて花嫁が花嫁らしく整えられるように準備してきた結果でした。

■A:考えてみよう

神様はイスラエルを守り眠ることもないとあります。

そこから、イスラエルが、また聖徒たちが花婿イエスにふさわしい花嫁として整えられるのを待ちどおしく思っている神様の親心を感じます。

私たち夫婦が結婚するにあたって本当に多くの方々を通して神様は助けを送ってくださいました。

ですからクリスチャンがイエス様の花嫁になるために父なる神様はどれほどの犠牲を払い、助け、守り、聖くしてくださることでしょう。

イエス様と私たちが、そしてイスラエルが結婚するために神様も惜しみなく協力してくださっているのですね。

■P:祈り

聖霊様。新婦入場を待ち望んでいるイエス様にふさわしい花嫁へと変えてください。

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ぺい  】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

『終わる苦しみと終わらない苦しみ』

■S:今日の聖書の言葉
  詩篇120篇1節、ヨハネの黙示録20章10、15節

★  詩120:1  苦しみのうちに、わたしが主に呼ばわると、主は私に答えられた。

★  黙20:10  そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。

★  黙20:15  いのちの書に名の記されていない者はみな、この火の池に投げ込まれた。

■O:今日のコラム

この箇所の「苦しみ」、原語では「誰か他人のせいで陥れられた困難な状況」という意味があります。

あなたはそんな状況に置かれて心から主に叫び求めたことはあるでしょうか?

まさにそのような状況で、この世の人生の終わりかと思えるくらい苦しみの真っ只中にいたとき、わたしは毎日主に呼ばわっていました。そして確かに主は、そんな私に優しく、とても優しく、慰めと励ましを与えてくださっていたのを忘れません。

朝起きて、会社に行くのが辛くて仕方がなかったときでも、その前に主と二人だけで過ごす2時間をもつなら、物凄い励ましと力を受けとりました。

今受けている苦しみには終りがあること。それは私が神様にもっと近づき、主の大きなご計画を担わせていただくために、私が煉られて、変えられなければならない、通らなければならない過程であったことを教えてくれました。

そして同時に私たちの主、イエス様も同じような苦しみの中を通られたのだと教えてくださり、その痛みを少しでも体験させてもらっている貴重な時期であることも教えられました。

そして一番心に響いた言葉が「苦しみの大きさは(後の)宣教の大きさである」と語られたことでした。

また苦しみの中にいるときは、主が避け所だったので、毎日主への思い、告白、悔改め、そして主からいただいた励ましの言葉を書き留めていてノートが3冊ほどいっぱいになりました。

それほど神様と濃密な時間を過ごせたことは実は喜びであり、主からの霊的な力を沢山頂いていたのだと後から気付くこととなりました。

この詩篇を書いたダビデ自身も蜂のように敵に取り囲まれ、毎日が死との向かい合わせという恐怖の中で、唯一の神、主を避け所とし、腹の底から主に呼ばわっていた時、沢山の詩を生み出しています。

ダビデが書いた聖書の殆どは、王様になる前の、この苦しみの時だったのです。

そして、「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした(119篇71節)との名句を残しています。

原発から一番近い教会で有名だった福島第一聖書バプテスト教会の佐藤彰先生も「私たちは多くの苦しみを受けたけれど、それ以上の多くの恵みを受け、本当に必要な時に必要なモノはすべて与えられていた」と

そして、「この苦しみを体験しなかったら、こんなに多くの主の恵みを体験することもなかった」と力強く話してくださいました。

ソウルサーファーのベサニーも「片腕をなくして、苦しみを体験したけど、そのことによって、多くの人を慰め、励まし神様の証しをできる機会を頂いたのだから、これ以上の喜びはない」と言っていました。

今苦しみの中にある人は喜んでください。その苦しみには終りがあり、後には、大きな神様からの祝福の計画が用意されているのです。

この世での苦しみには終りがありますが、いのちの書に名前の書かれていない者が投げ込まれる火の池には終りがないのです。
彼らは、昼も夜も永遠に苦しみを受けるという恐ろしい状態になります。

私たちの周りの人が、家族、親戚、友人達が、終りのない苦しみの場所に投げ込まれるのを平気で見ていられるのでしょうか・・・

もし、私たちが危機感を覚えて祈らないなら、それは確実に起こってしまうのです。

大切な人の名前がいのちの書に書き込まれるように、とりなしの祈りを今日からしようではありませんか!

新宿シャローム教会では毎日徹夜の祈り、がもたれていますが、特に31日の朝6時から1日11時の元旦礼拝まで年越しの祈りに力を入れ、祈りの中で行く年来る年を迎えます。

(今年は他の教会でも31日から元旦にかけての徹夜祈祷をするところが増えているようですが)

神様と密接な関係を持てる長時間の祈りに是非加わってください。

■A:考えてみよう

年末年始も!!という人も、年末年始くらいは・・・という人も(笑)

1年間の主への感謝と新しい年への期待を込めて、是非祈りの時を共に持っていきましょう

■P:祈り

苦しみの中であなたが答えてくださることを感謝します。

と同時に、私たちの親しい人(名前をあげて)が、答えのない永遠の苦しみの場所に行くことがないように・・・その魂の救いを与えてください。

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 あすか 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

キリストの花嫁

■S:今日の聖書の言葉
  ヨハネの黙示録19章7-8節(詩篇119篇153-176)

★  私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行いである。

■O:今日のコラム

私にとって今日の箇所は、個人的に最も愛する章の一つで、今まで何度もこの章を読みました。なぜならこの箇所は私達クリスチャンの大切なゴールが示されている箇所であり、主の約束を待ち望んだ聖徒達が最も光り輝く時だからです。

そのゴールとは、花嫁(教会、聖徒達)と花婿なるキリストの婚礼の時であり、この時は聖書の歴史のクライマックス、天において喜びと楽しみが極みに達する時であります。

私達の教会や祈り会ではよく「キリストの花嫁」という賛美を歌います。その賛美の歌詞に「花嫁は待っています。花婿が来られるのを」という部分があり、その歌詞を歌うたびに内側からイエス様に対する熱い愛の思いが込み上げてきます。

私達はこの世のどんな事にも勝って、イエス様が迎えに来られるのを待ち望んでいます。

しかし、私達が花婿を心から待ち望んでいる以上に、もっと熱い情熱を持って待ち望んでおられるのはイエス様ご自身です。

花婿なる主イエスは、花嫁が整えられ、婚礼の用意が出来るのをどれ程に願っておられる事でしょうか?

この箇所で御使い達は「花嫁はその用意ができたのだから。」と言っていますが、これは別訳の聖書には「花嫁のしたくが整った。」と書かれていました。

以前に読んだある記事に「クリスチャンは主を待ち望むよりも、もっと主の為の働きを一生懸命するべきである。」と書かれているのを読みました。ある意味においてそれは真理であり、本当に重要な私達へのチャレンジだと思います。

しかし、私は主を熱心に待ち望む事と、主の為に素晴らしい働きをする事は決して相反する事とは思いません。

誰でも愛に満ちた麗しい花嫁を見る時に「私もあの花嫁の様になりたい。」と憧れるように、私達が主イエスの愛に魅了されて生きる時、私達の人生から主の麗しい人格や、力強い御業がこの世に大胆に現される事となります。

主イエスを愛する花嫁達は、あらゆる努力と忍耐する力を持ったこの世で最も偉大な働き人となり得るのです。

天の婚礼において花嫁はきよい麻布の衣を着ることを許されます。この麻布とは「織り目の細かい布」という意味があります。

その細かい織り目の様に、私達がこの地でしたどんな小さな主への従順も全てが天に書き記されており、批判や悪く言われる時にも相手の為にとりなし祈った事、様々な誘惑や葛藤の中でも主を愛するが故に忍耐した事、誰かの必要を満たした事など・・・

誰にも気づかれない事も全て主は覚えて下さっており、私達に報いを与えて下さいます。
だからこの麻布の説明として聖書には「聖徒たちの正しい行い」だと書かれています。

今日共にこの黙示録の19章から花嫁の心を新たに受け取りましょう。

まもなく花婿は戻って来られます。キリストの花嫁という最高のゴールを私達は見つめ続けましょう。

■A:考えてみよう

キリストの花嫁の情熱を新たに持つ事が出来るように、今日も聖霊様をお迎えし、御霊に満たされて生活しましょう。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 しんご 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

神様に喜ばれる決断

■S:今日の聖書の言葉
  黙示録18章3節(詩篇119篇129-152節)  

★  それは、すべての国々の民が、彼女の不品行に対する激しい御怒りのぶどう酒を飲み、地上の王たちは、彼女と不品行を行い、地上の商人たちは、彼女の極度の好色によって富を得たからである。」

■O:今日のコラム

あなたは、寝る前にどうしてもお菓子を食べたくなったことはありませんか? 
  
寝る前のお菓子ってなぜあんなに魅力的でおいしそうに思えるのでしょうか。お菓子を食べると満足するという一方、太ってしまうというリスクもあります。

私たちの人生は決断の連続です。意識するしないにかかわらず、人は一日に2万〜4万回もの決断をしているそうです。そのようにして、私たちは数限りない決断を下した結果、今こうしてここに存在します。

神様は私たち人類を創造された時に、自由意志を与えてくださいました。それは神様の愛の形の一つです。

想像してみてください。
もし、私たちが自由に選択することができなかったら、ロボットと変わらないつまらない存在になってしまいます。しかし、その決断次第で私たちの人生は大きく変わってしまうこともありえます。

今日の聖書の箇所は、全体を通してどこにも希望がなく、ひたすら裁きについて書かれている箇所です。では、どういった人が裁きに合っているのでしょうか。

聖書では、「彼女と不品行を行った地上の王、そして彼女の極度の好色によって富を得た商人」とあります。

また、17節には、もう一人、その富を運ぶ船乗りも登場しています。彼らが大淫婦と呼ばれるバビロンとともに裁きを受けると書かれています。ちなみにこの商人とは、英語ではビジネスマンと書かれています。

彼らは、この世の富を得るために、大淫婦バビロンと交わるという決断をしました。その結果、彼らは莫大な富を得ることになりますが、その報いは神からの裁きを受けるというものでした。

ビジネスの世界において、私たちは自分の業績を上げるために、妥協して正しくない事をしてしまうことがあるかもしれません。

その結果、一時的にあなたの地位は高くなり、業績を伸ばせるかもしれません。お客様と上司を、また家族を喜ばせることができるかもしれません。

しかし、神様は悲しんでおられるのではないかと思います。

神様はどこまでも聖であられ、誠であり、忠実な神様です。
99.9999999%ピュアな神ではなく、100%ピュアな神様です。

その神様に対して、私たちは堂々と胸を張って日々の生活を報告できるでしょうか。

私はできません。とても神様の前に進み出ることはできません。

しかし、唯一、私が胸を張って神様の前に大胆に進み出ることが出来る方法がります。

それはイエス様の故にです。

イエス様の十字架の血潮により、私たちの罪は赦され、永遠の命が与えられました。だから、イエス様のお名前によって主の前に進み出ることができます。

それでも、私たちは日々の生活の中で過ちを犯してしまいます。失敗をしてしまいます。このことは事実です。

だから、失敗しても、泥だらけになっているような状態でも、ありのままの自分でイエス様の懐に飛び込んでいくことができます。失敗したらその数以上にイエス様の所に飛び込んでいけばいいのです。

しかし、私たちは時として、自分で自分の失敗を処理しようとしてしまう時があります。その結果、人の目はごまかすことはできるかもしれません。

いくら見た目をつくろっていいように見せたとしても、神様の目はごまかすことはできません。むしろ、私たちは見た目の良さよりも、見えない内側の良さを追い求めていく必要があります。

結婚当初は全く別の歩みをしてきた人も、長く連れ添ううちに似たものとなってきます。

私たちもこの地上においては、まだ神様と結婚してはないですが、やがて結婚が決まってることは確実です。

であれば、天において永遠の時間を過ごす神様と今から歩みを揃えて行く必要があります。

神様を熱烈に慕い求め、祈りとみことばによって神様と多くの時間を過ごす時、聖霊様によって内側から徐々に作り変えられ、栄光から栄光へと神の似姿へと変えられていきます。そして気がつくと、見た目も今まで以上に良くなっているはずです。

この地上において、目に慕わしく、肉の欲求に訴えかけ、暮らし向きの自慢をしたくなるようなことがあるかもしれません。

しかし、その背後に潜んでいるものを見極める目を持ちましょう。

そのことは、神様が本当に喜ばれるか。聖霊様を悲しませることになっていないか。

その決断の結果、一時的にあなたは卑しくなり、貧しくなるかもしれません。

しかし、永遠の時を過ごす天に於いては、あなたの決断によって高く上げられ、多くの報いを得るでしょう。

そして、神様に「よくやった、よい忠実な僕だ。」と褒めていただけるでしょう。

神様と富には同時に使えることはできません。あなたはどちらを選びたいですか?

■A:考えてみよう

あなたは、選択するときに妥協していませんか? その決断は神様に喜ばれるものですか? 

もし、そうでないなら、今すぐイエス様にその事を告白しましょう。そして、行動する必要があればすぐに行動しましょう。

色々理由をつけて先延ばしにすることは可能ですが、今がその時です。次はないかもしれません。

そんなに時間はかからないはずです。少し手を止めて、「イエス様、私のこの決断は間違っていました。あなたの御前に出て悔い改めます。どうか正しい道を示して下さい。イエス様のお名前によって。アーメン。」などと祈りましょう。

この小さな祈りがあなたの人生を大きく変えると信じます。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【しゅん】

※2012年も、主の哀れみでマナメールを書き続けることができました。来る2013年は大収穫の年になると信じています。今まで以上に主に対して飢え渇き、祈りとみことばに励んで行きましょう。全ての栄光がイエス様にありますように!
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

「試練にクリアする!」

■S:今日の聖書の言葉
  ヨハネの黙示録17章16-17節(詩編119編97-128節)

★  「やがて、赤い獣と十本の角は、その女を憎み、襲いかかって裸にし、あげくの果ては、火で焼き殺すことになります。というのも、それらは神様の計画にあることで、神様は、彼らの思いを支配し、目的を達成なさるのです。彼らは赤い獣に権威を与えることで一致します。これも神様のお考えどおりです。」

■O:今日のコラム

赤い獣は「二度目に王となってから・・・」と11節にあるのですが、日本の新政権を彷彿させ、少し身震いする思いでした。

さて、早朝から爽やかではないみことばですが、ここにも主のご計画があり、勝利があります。

黙示録には二つの女性のイメージが出てくる、とレーマ神学校で教わりました。
一つは、花嫁なるキリストの教会。もう一つは、大淫婦なるバビロン。

その後者が今日のみことばで登場しますが、この章の目的は、「大淫婦がどんな目に会うか、見せましょう。」(1節)と御使いが言っているとおり、大淫婦の結末です。

超省略しますと、大淫婦は、神への冒涜が体中に書かれた赤い獣の上に座っていました。この獣には、7つの頭と10本の角がありました。

7つの頭の意味は、7つの都及び7つの王。
また、そのうちの5人はすでに倒れ、今は第6の王が王座についており、第7の王はまもなく姿を現す。

そして、赤い獣そのものは、第8の王だが、昔いた7人の王の一人で、今はいなく、また底なしの穴から出てきて、再び王となり、最後の滅びに向かう、のです。

大淫婦そのものの正体は、はっきりとは書いてありません。

ただ彼女が大水の上に座っている。またその座っている海や湖や川は、あらゆる人種や国民からなる、おびただしい人々を表している、とあります。どうやら一般の人々のようにも思えます。

10人の王は、これから王位に着く人たちで、赤い獣と王等は、同盟を結び、一致団結して子羊と戦います。

でも子羊が勝利し、獣と王たちは、逆に女を憎むようになり、女は裸にされ、火で焼き殺されるのです。(第3次世界大戦のことを、ガジマ先生は話していましたが、それなのでしょうか?)

さて、複雑な描写ですが、心に留めるべきことがあると思います。

それは、戦いは、子羊の勝利に終わります。
「なぜなら、子羊は主の主、王の王」だからです。

そして、「その配下も、特別にえり抜きの、忠実な者だからです。」(16節)という箇所です。
 
アーメン! 私たちは、様々なところに置かれています。
でも、それはすべて、神さまが私たちを「特別にえり抜きの、忠実な者」に整えて変えてくださっている過程だとは思えないでしょうか。

私たちは、主の主、王の王なるイエスさまと勝利を収めるために召されています!

何でえり抜きの「勇士」では無いのでしょうか?
いいえ、えり抜きの「忠実な者」なのです。

イエスさまは、神さまへの忠実さ故に、死にまで従い抜いたのです。そして、全ての権威を与えられました。

私たちも、イエスさまに習う者となり、どこまでもイエスさまに、みことばに忠実に従う者となりましょう!

■A:考えてみよう

今日の箇所で、心に感じたことは何ですか?
自分の人生に当てはめられることは何ですか?

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 れいこ 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

喜んでキリストを礼拝します!

■S:今日の聖書の言葉
  詩編119篇75節、ヨハネの黙示録16章7節

★  詩119:75  主よ、わたしはあなたのさばきの正しく、また、あなたが真実をもってわたしを苦しめられたことを知っています。

★  黙16:7  わたしはまた祭壇がこう言うのを聞いた、「全能者にして主なる神よ。しかり、あなたのさばきは真実で、かつ正しいさばきであります」。

■O:今日のコラム

喜んでキリストを礼拝します! 12月25日の朝です。今日はクリスマスです。

クリスマスは「キリストを礼拝する」という意味があります。メリーは、「喜んで」です。だから今日、喜んでキリスト(救い主)を礼拝しましょう!

主のさばきは真実です。正しい完璧なさばきをされます。人間がそのさばきの前に立つ時には、何の弁明をすることもできません。ただ、そのさばきに従うしかないのです。

イエス様がこの地に生まれたのは、僕らをこのさばきから救うためです。自分の力ではどうしようもない僕らの全てのさばきを十字架で身代わりに受けるためです。

だから僕らは、喜んでイエス様の誕生をお祝いし礼拝しましょう!

今、苦しみや自分の力で解決できないことがあるならば、イエス様にその苦しみを明け渡すチャンスにしましょう。

苦しみのなかで、僕らは神様のおきてを学ぶことができます。それは、金銀にまさるものです。
今日1日神様を喜んで礼拝していきましょう。

■A:考えてみよう

イエス様の誕生を喜んでお祝いし礼拝しましょう!

苦しみを明け渡すことができるように、苦しみを感謝することができるように、神様のおきてを学ぶことができるように、祈っていきましょう。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 ひろみち 】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨハネの黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

スピーディー

■S:今日の聖書の言葉
  詩篇119篇60-61節節(詩篇119篇33-64節、ヨハネの黙示録15章)

★  私は急いで、ためらわずに、あなたの仰せを守りました。悪者の綱が私に巻き付きましたが、私は、あなたのみおしえを忘れませんでした。

■O:今日のコラム

詩篇129篇4節には、『主は正しくあり、悪者の綱を断ち切られた』とあります。悪者の綱、とは、悪者の支配のことです。綱は、縛る、捕らえるということの象徴です。
 
御言葉に対する従順の姿勢として、喜んで従うということを、前にもデボガイで書きました。いつも喜んでいなさい、とあるからです。

と同時にもう一つの側面は、すぐに従う、ということです。この2つは共存します。

喜んで従う人は、『じゃあ、それは時間のあるときにね。』とはならず、すぐにやるものです。そして、スピーディーに従う者は、悪の支配を逃れることができることです。

例えば、『このお金をあの人にあげなさい。』と主から語られたとします。

すぐに従わないでいると、『今月のあの支払いは、どうしよう。それに使うべきじゃないかな』とか『あの必要のために使う方が優先じゃないかな』とか考えがやってきます。悩みに悩んだ末に『やめておこう』ということになるのです。

気持ちよく従うために大切なことは、すぐに従う、喜んで従う、ということです。

よく言われますが、アブラハムは父なる神の雛形、イサクはキリストの雛形、花嫁を探しに来たアブラハムのしもべは聖霊様の雛形です。

そしてイサクの花嫁リベカは、キリストの花嫁である教会の雛形です。リベカも、『すばやく』、『急いで』、『走って』従って、キリストの花嫁としての試験に合格したのです。

■A:考えてみよう

主の仰せに、スピーディーに、喜んで従う。

■P:祈り

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

【 まじまこ  】
Clip to Evernote
posted by shalom3 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。